*

過剰評価or過大評価で大失敗

この記事は約3分で読むことができます。

4月からの人材採用を検討しているお店さんも多いかもしれません。

例えば、こんな話。

アルバイト応募でやってきた25歳のA君。「ネットショップ作れるの?」と聞くとA君は「はい。作れます。」と言う。

じゃ、採用。

ところが、「A君は以前に1度だけ、無料ネットショップを使ってお店をやっていた経験があるだけ」ということが判明。採用側は「作れる」=「HTMLやCSSなど一通りのスキルをマスターしている」と早合点。結果、使えないA君にはクビ。ただ、A君の答えにウソはなく、採用側が過大評価してしまったかいかぶり失敗例です。

仕事のコラボでも失敗はあります。話が盛り上がって、「じゃ、これを一緒にやろうじゃないか!」と意気投合。数回の打ち合わせもスムーズに進み、企画が数回実行されたあたりから、どうも雲行きが怪しくなる。

先方さん、打ち合わせで「できる」と言っていたことが全然できない。当初は、本人もできると思ったらしいけど経験がなくどうすればよいかわからない模様。結局、コラボ解消。これも先方を実力を過大評価してまった側の失敗。

センセイと言われる業種の人とのお仕事でも勘違いすることがあります。そこそこの大学を出て、それ系の資格をもって数年営業している場合、つい「ちゃんと仕事ができる人」と安心してしまいます。でも、フタを開けると仕事ができない人・・・なんてことだ・・・幸い、顧問契約までは至らなかったので傷は浅くて済んだというお話もあります。

公認会計士の資格を持っているということと、「仕事ができる」とか「人格が優れている」とは何の関係もないんですが、そのご立派な資格につられて他のポイントも優れていると思い込んでしまうわけですね。典型的なハロー効果です。

某お仕事募集サイトで地雷仕事を取ってしまったケース。発注主(クライアント)は、明らかに素人。期限通り納品したにもかかわらず、納期後1ヶ月近くケチを付けて修正を依頼してくる。なんと言っても、そのレスポンスの悪さは絶望的です。メール2週間に1回とか・・・お勤めの時間が忙しいのかもしれませんが、これでは仕事とは言えないですね。

本来は「修正は2回まで」とか書くのが当たり前ですが、このクライアント君にはビジネスの常識がなかったようです。素人相手にBtoBの感覚では失敗する確率が高いです。ま、クラウドソーシングのプラットフォームではあるあるです。

Adsense

関連記事

屋号2つ以上

屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は1つしか届けでることができませ

記事を読む

商材選び

ネット販売商材選び5つの着眼点

ネット販売を始める場合、商材が決まっていない場合、まずはその売るものを決めるわけですが、着眼点を5つ

記事を読む

オーディオルーム

起業ネタ レンタル(高級)オーディオルーム

CDが売れなくなったのは、音楽配信などの影響が大きいと思いますが、部屋でゆったり楽を聴くという習

記事を読む

ノースキル、アイデアあり

Wixでホームページ作成するけどSEOが気になる

イケてるアイデアはあるのにスキル(PHPやデータベース)がない。スキルを外部に頼るとウン十万からウン

記事を読む

コピペ撲滅

コピペのコピーを複数登録可能な無料ソフト

パソコンを手にして以来、いったい何千回、何万回のコピペをしたでしょうか。1日30回として1年で109

記事を読む

仕入先

仕入れ先がなかなか見つからない簡単な理由

「◯◯ 卸販売」などと検索しても、希望するような仕入先メーカーがなかなか見つからないです。いくら検索

記事を読む

plala

ぷらら等プロバイダーの無料HPでのネットショッピングが危険な理由

自宅やオフィスの固定電話を使ってインターネットサービスを使う場合、必ず、プロバイダーという通信事業者

記事を読む

仕入れてくれ

「商品を仕入れて欲しい」と問い合わせがあった場合の対応

自社では取り扱いのない商品を仕入れて欲しいというお客様。 多くはないですが、この種の問い合わせ

記事を読む

楽天決済

裏から見る開業サービスの選び方

ネット販売を始めようと思うと、いくつか選択肢があります。 (1) ショッピングモールに出店する

記事を読む

消費者視点

サイズわかる写真載せて~。大事な消費者視点

スーツケース(キャリーバッグ)が必要になって、好きなブランドで探していたんですけど・・・どこの販

記事を読む

Adsense

Adsense

リピート販促
「保有ポイント失効」のお知らせでリピート購入を促す方法があります。

もったいない精神。 多くの日本人がもつ感情ですが、そこに

base進化
無料ネット販売アプリのベイスの進化がヤバイ。

最近、周りで、ベイス(BASE株式会社@東京都港区)で、ネット販売

パソコンは人にやるな
使わなくなったパソコンは人にあげてはいけない

個人事業主は1月~12月が事業年度です。12月ともなれば、「ちょっ

airCloset エアクロ
ビジネスアイデア!月額制レンタルファッション「airCloset」

悩みやコンプレックスに直接訴求して、解決、解消できる商品やサービス

個人事業主
個人事業主の極楽は、いつまで続くのか。

年収300万円程度の正社員の払う所得税は約6万円住民税が約12万円。言

→もっと見る

PAGE TOP ↑