古いお客さん用メール内検索の想定も必要

良さそうに思える言葉

この記事は約2分で読むことができます。

ある商品を5年ぶりくらいに購入しました。その商品でなければいけないわけではないのですが、すでにある商品なので、できれば同じものが欲しかったわけです。

例えば、木製のハンガーとしましょう。ハンガーには商品名もなければバーコードもついていません。ネットショッピングで買ったのは間違いないのですが、品名も品番も、何年前なのか、店名も全く思い出せません。わかるのはハンガーのサイズ、色、素材だけ。

そこでGmailを検索するのですが、15Gの容量のうち半分近くを使っているので、「木製ハンガー」なんて検索してもなぜか出てこないわけです。キーワードをとっかえひっかえ検索しても全然それらしきメールができません。

そこで、Gmailの画像検索で、何度か試して、ようやく該当商品を発見してお店も突き止めました。要した時間まるまる1時間くらいです。もう、泣きそうです。ネットショッピングでこんなに苦労するとは思いませんでした。

過去に購入したメールを見ると、商品名はコードだけで構成されていました。例えば、「G-200 hg blue」といった感じです。店名にも「ハンガー」は入っていません。そりゃ出てこないわけですわ。

ま、これはレアなケースだとしても、ほんと品名やショップ名は、SEO上も重要だと感じました。数年前の記憶をたどるお客さんがいることも想定して、品名、品番、ショップ名は、しっかり練って付けておきたいところです。

できれば、商品名にはスペックなども、こっそり挿入しておくのも効果的なテクニックではないでしょうか。例えば、ハンガーで、単に「Mサイズ」や「Lサイズ」、「ネクタイ用」という情報以外、「30cm」、「40cm」、「ブルー」、「レッド」など、あらゆるキーワードを自然な形で入れておきたいですね。

参考
屋号の付け方とよくある質問