*

今年2019年からネットショップを始めるなら「ここ」しかない。

公開日: : 最終更新日:2019/02/02 ヤフーショッピング・作成講座, 副業, 起業や開業

この記事は約5分で読むことができます。

2019年からのネットショップ

何度も書いていますが、ここ2、3年でEC業界は激変しました。ネット通販業界は、もともと変化の激しい業界ですが、ここ数年で、これまでの常識が「すべて灰と化する」ほどの大転換を経ています(大げさな言い方ですが)。

これから(これまでも、ですが)、ネットショップを始める場合の鉄則の第1は「コストをかけない。」です。これは、すべての起業にも共通しますが「とにかく小さく始める。」これに付きます。楽観的な予測を持ちながら「超絶なドけち」スタイルでスタートするのが基本です。

もちろん、「資金に余裕がある。」や「すでに顧客を獲得していて数年分の売上は見込めている。」なんて場合は、「キレイで、こジャレたオフィスを構えて、ウェブサイトにもお金をかけてスタートする。」ってのもよくある話です。それはそれで素敵なスタートです。

でも、それ以外の起業(副業含む)場合は、1円単位でコストを計算しながら利益を最大限にするよう努めるのがお約束です。何にでもお金を使うクセにストップをかけましょう。「いかに0円に近い方法があるか。」を考えましょう。

くだらない当たり前の話はこくらいにして、今年からネットショップを始める場合、どの選択がベストか。

答え:ヤフーショッピング

これ、アフィリエイトじゃないですよ。このリンクから申し込みをしても、こちらには1円の報酬も発生しません。完全ボランティア情報です。いろいろ迷っている人に対する答えになれば、と思います。

なぜ、ヤフーショッピングなのか?

少々細かい話になりますが、2017年のMMD研究所のリサーチで「スマホでよく使うネット通販は「Amazon」が約8割、楽天は約5割、ヤフーは約3割」という記事があります。

MMD研究所
出典:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1689.html

これを見ると1位~10位で、個人で気軽に無料に出品ができるプラットフォームはアマゾン、ヤフーショッピング、メルカリの3つだけです。

ランキングに載っていない販売サイトもありますが、圧倒的にユーザーが少ない。そんなところでビジネスをしても、そもそもパイが少ないので収穫も少なくなります。だから、まずは除外しましょう。

さて、個人でかんたんに出店できる3つの中で「低コスト」という視点でランクをつけてみると、(1)ヤフーショッピング(2)メルカリ(3)アマゾンという順番になります。

・メルカリはターゲット層が限られていて単価も低く手数料は10%
・アマゾンは集客力はあるが販売手数料が8%~15%
・yahoo! ショッピングは集客力がある上、手数料は2~3%(出店料は0円)

少々荒っぽい比較かもしれませんが、明らかにyahoo! shoppingに軍配があがりますよね。

もちろん、「メルカリに向く商材」や「アマゾンに向く商材」のがあるので、ヤフーが100%とは言いませんが、メルカリやアマゾンで「それほどでも・・・」といった商材の場合は、ヤフー以外選択はないでしょう。

イオンモールやアウトレットをなど、いわゆる「ショッピングモール」は常にショッピング客が回遊しています。そんなショッピングモールに無料で出店できるわけです。

ネット販売システムはいろいろな業者が提供していて、下は月額500円~といったプランもあります。一見、お安く魅力的ですが、どデカイ落とし穴があります。それは、どこの販売システムも「集客力はゼロ」ということです。

販売システムを貸し出しているだけなので当たり前の話ですが、そこは注意しないといけない点ですね。集客ゼロということは、自前で集客しないといけないってことです。となると広告です。広告は100%有料です。ネットショップを作るスキルにプラスして、有料広告を扱うスキルも勉強していく必要があります。

ヤフーは、とりあえず広告を扱うスキルはなし、でスタートできます。

ヤフーの回し者ではございません。


Adsense

関連記事

自社サイト

退店組も、モール店運営中の店も自社サイトは持っておくべき

「久しぶりに買い物をしようとしたらお店がなくなっていた!」という楽天あるある。でも、今回は、退店後に

記事を読む

飲食店は儲かるのか

ネット販売より飲食業のほうが儲かるの?

最近、「ネット販売より飲食業のほうが儲かるの?」って聞かれることがありました。 なんとも、

記事を読む

お役立ちステップ11

先着限定4冊!無料冊子「かんたん開店のためのお役立ち11ステップ」プレゼント

超希少!お宝無料小冊子 ショップサーブの無料の冊子「簡単開店のためのお役立ちステップ11」全6

記事を読む

クレカ必須

ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシーは捨てたほうが良いかもしれま

記事を読む

閉店

あまりに残念な売上げ・・・閉店か移転かプラン変更か

ショップサーブのライトコースで出店しているお店さんの生々しい台所事情。 年商13万円、

記事を読む

問い合わせ急増中

急増する問い合わせ2つのタイプ

最近、問い合わせが急増中。そして、その内容が、きっちり2パターンに分かれているのが特徴です。

記事を読む

no image

Amazon大口出品サービス出店時の注意点

国内最強級の集客力を誇るアマゾンですが商品によってはよく売れる場合があります。まずは、小口出品サービ

記事を読む

アイコンなしで

ショッピングカートなしのネットショップは作れるか?

おもしろ訪問キーワード。 今やネットショップと言えば「ショッピングカート」が付いているのが当た

記事を読む

Tシャツ販売

祝!ヽ(^。^)ノ初受注!(オリジナルTシャツ販売)

メールボックスを開くと・・・ なんと、オリジナルTシャツが売れました。 最初は、

記事を読む

おすすめ本

yahoo!ショッピング等マニュアル本のオススメがない理由

何かを学んだり参照するときに、ネットを中心に情報収集する人と、本や雑誌などの紙媒体をまず入手しよ

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑