LINEのスタンプ作成の副業はあきらめた

LINEスタンプ

この記事は約3分で読むことができます。

聞くところによると、素人でもLINEのスタンプが販売できるとか。しかも、上位10作品は平均3680万円も売れているらしい。ということは取り分は50%なので1800万!これはおいしすぎる副業なので調べてみることに。

イラストレーターは使えるし、イラストも本気で描けばそこそこ自信があり。

これはチャンスではないか、と。

LINEスタンプの作成マニュアル的な書籍もいろいろ出てるようですが、ネット検索だけで済みそうなので買うに至らず。作るのも申し込むのも全然簡単そう。

でも、一番難しいのは、買ってもらうこと、ですね。

どんな商品でも同じです。これだけは。

その売り方、マーケティングがなかなか見えて来ない・・・SEOでもないし、リスティング広告でもない。FBでもTwitterでもない。結局は、誰かがたまたま使ったのを、その友達が「いいな」と思って使うといった、たまたまの連鎖的くらいしか思いつかないんですよね。

後は、街中をフルフルしながら歩いて回って、勝手に友達を増やして、一斉に自分のスタンプを送りつけるスパム手法も考えられるけど、これはさすがにグレー。いや、黒。いたい副作用が必ず・・・

で、スタンプ作品がどれくらいのスピードで増えてるかも調べてみました。

ラインスタンプ副業

わずか10日間で2500作品ですわ。1日250ということは、1年後は10万作品近くということ。その後も増え続けるわりに、カテゴリも1つだけなので、これは見つけてもらうのは至難の業ですね。砂浜にを落とすような感じでしょう。今後はカテゴリーも工夫されたり、クリエーターズスタンプのランキングやセレクトなども出てくるかも知れませんね。

「話題」になるような、ちょっとキワモノ的なイラストを作っても、おそらく、ガイドライン違反かな何かで「リジェクト!」というのが関の山でしょう。というワケで、LINEスタンプ作成の副業で1800万への道のりは、あまりに遠く感じたので、あっさりあきらめたそうです。