三菱東京UFJ銀行 官公庁の預金調査

預金調査

個人事業の1年の締めも近いですね。

この手のキーワードは昔からけっこう訪問があります。皆さん考えることは同じですね(笑)「警察や税務署が預金を調べることができるのか?」というやつ。軽く調べて見たところ「調査可能」とのことです。

でしょうね~

国内で「自分の名前で開設している銀行の口座の内容はすべて国に筒抜けになる」と考えて差し支えないんじゃないでしょうか。ただし、ある質問サイトの回答者によると、「この印影を使っている口座全て」という調査方法らしいです。ということは、ハンコを変えれば、その口座は調査対象外になるのか?そう簡単な話でもなさそうな気もしますが。

確かに、「この口座への入金は申告しないでおこう」なんて考えますよね。で、実際に申告しない。「脱税!?なんて人聞きの悪い事を言わないでください。口座があることや入金があることさえ忘れていたんです!」なんて言い訳が通る世の中だと面白いですが、そうは問屋は卸してくれないのでしょうか。

ならば架空口座?

架空口座は、「身分証を偽造して架空の人物の名前で作る口座のこと」だと思ってましたが、他人の承諾を得て名義借りをして開設した口座や、購入した他人の口座も架空口座だそうです。じゃ、一時的に借りるのは?もちろんNGでしょうね。(wiki参考)

生計を別にしている親兄弟は他人になるのでしょうか。身内の承諾を得て開設した銀行口座は架空口座になるのか?ま、隠さなければいけないほど持ってるなら、パーッと経費で使ってしまいましょう。それが一番。