*

ECサイト運営者のミッション

公開日: : 最終更新日:2018/09/05 販売心理学

この記事は約3分で読むことができます。

17万円で買ったパソコンが1年をちょっと過ぎたところで故障したんです。電源は入るけど画面は真っ暗。びっくりしましたよ。天下のモバイルPC国内トップメーカーP社ですよ。

昔、ソニーのVAIOを中古で買って1ヶ月で壊れたってことはあったんですが、新品で買ったパソコンが1年そこらで故障するとは、初めての経験でした。

保証期間が過ぎているので修理に出したら、なんと見積もり10万円!新品を買うよりは安いから修理を選びました。そして、順調に使っていたところ、今度はDVDドライブの故障です。この修理は15,000円・・・

「いよいよ買い替えか」と悩みますよね。同じ機種は値下がりして、今買うなら13万円。でも、前回修理で10万円、今回の修理でトータル115,000円・・・

スペックも筐体も古くなっていることを考えると、買い換えるのが合理的です。でも、これまでかけたコストが気になって、「新品を買う方が合理的」という判断ができなくなっています。

実は、作り話なんですが、そんな経験ありますよね。

これって、実は、「サンクコスト効果」という心理学上の名前があるんです。

「これだけつぎ込んだからやめられない・・・後に引けない・・・」

株式売買やギャンブルのシーンなんかでの「あるある」です。ECサイトならPPC広告がサンクコスト効果でやめられない「あるある」ですね。

ただ、ECサイト運営者としては、サンクコスト効果を知っただけは何の役にも立ちません。我々の仕事は、上記のようにサンクコスト効果にまんまやられて、「本当は新品を買うのが良いのに。」という合理的判断ができず、買い替えを見送るような消費者を説得して新品を買わせることです。

売りつけることです。

それがミッション。

そのためには、説得の技術を学ばねばいけない。

いや~説得はなかなか難しいですよ。仲の良い友人でさえても、説得するのに困難を極めることがあるのに、見ず知らずの人を説得するのはね~至難の業です。でも、やらなければならない。

まずは、説得の技術関係の書籍を読もう。



Adsense

関連記事

no image

「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キャッチコピーや説明文から商品の

記事を読む

プロスペクト理論

プロスペクト理論ってどうよ

行動経済学というジャンルに「プロスペクト理論」というのがあるんですが、ちょっと疑問というか、すっきり

記事を読む

個人事業ハンコ

個人事業主がハンコやHPを作って得する理由

以前取引しそうになった個人事業主さんがいたのですが見積書のハンコが苗字だったんですよね~。

記事を読む

no image

廃棄食品横流し

CoCo壱番屋の産廃業者の冷凍ビーフカツ横流し事件のニュース。以前、デリバリー(出前)のポータルサイ

記事を読む

文脈効果

文脈効果をセールスに使おう

商品を普通に載せるだけでバンバン売れる時代は、とっくの昔に終わって、今はあれこれ心理テクニックを駆使

記事を読む

接種理論

接種理論を商品説明に活かそう

いろいろな商材を販売してきましたが、「これは完璧!」という商品はないということを悟りました。

記事を読む

認知的不協和

広告のキャッチコピーは認知的不協和が最強か

公告のキャッチコピーを考える際、物販の場合は、「たらいが50%OFF」とか「2016年流行のたわし」

記事を読む

損失回避の法則

ベネフィットは損失回避の法則とセットで使うのが良さそう

ランディングページに、ベネフィットは付き物ですが、実はベネフィットだけでは人は動かないことも多いんで

記事を読む

認知的不協和

トップセラーに認知的不協和が使える商品はあるか

最強ネット仕入れのトップセラー(Top Seller)by もしもの商品を見ながら認知的不協和を起こ

記事を読む

プライミング効果

プライミング効果

心理学に、プライミング効果ってのがあるんですよね。 一郎:「カバ」って10回言ってみて。 次

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑