*

文脈効果で売上アップ

公開日: : 最終更新日:2018/07/01 販売心理学

「あっ!ハシ!」

徳島県の「奥祖谷二重かずら橋」に近づいたときに言ったのなら「橋」のことです。でも、お昼休みにお弁当を食べようとした瞬間に女子高生が言った言葉なら「箸」のこと。ゴキブリが出て大騒ぎ中に叫んだのなら「端」。

このように前後の話の内容や状況によって言葉の意味が違ってくることを文脈効果と言います。

で、これをネット販売で活かそうとなると、それなりに苦労するんですよね。

メーカーの作った商品を、そのまま売っていてはもはや誰も見向きもしない時代です。前後にストーリーをつけて、普通の商品に、盛って演出して、それ以上の価値の伝わるものにして初めて消費者の目に留まるようになります。

例えば、「職人歴40年の山田さんが丸3日かけて作った漆器」。普通に「○○製漆器」として売るよりも、お値打ち感がでていますよね。「国内契約農家さんの野菜だけを使ったフレッシュサラダ」も「フレッシュサラダ」だけよりも、健康的でおいしそうに感じます。

ゴーヤと言えば沖縄ですが、「さんさんと輝く沖縄の太陽を浴びて育った栄養満点のゴーヤ」なんてキャッチコピーをつけたいところですが、「沖縄産ゴーヤ」だけで十分ですね。他に競合が少ないですから。

あえて言うなら、宮崎産ゴーヤでしょうか。「みやざきブランド推進本部」によると、宮崎産のゴーヤはビタミンが多いらしく「ビタミンゴーヤー」なんてネーミングで売り出しているようです。これは文脈効果は全く使っていないですね。ビタミンが多いという点だけで訴求しています。沖縄に負けるな!

 

商品名の前後につけるキャッチコピーもそうですが、写真なんかでの見せ方でも文脈効果はあります。カニの姿だけの写真で通販やってるところは少なくなってきていますね。今すぐ食べれるような、シズル感のある盛り合わせの写真だったり、鍋がグツグツしている動画をアニメーションまで使っているところもあります。

自分の商品に文脈効果を使う場合は、できるだけ多くの事例にあたって、ぴったりのモノを探っていくしかないですね。



Adsense

関連記事

ベストセラーから

ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるから。」これ以上、シンプルで核心

記事を読む

接種理論

接種理論を商品説明に活かそう

いろいろな商材を販売してきましたが、「これは完璧!」という商品はないということを悟りました。

記事を読む

GW明けは売上が落ちる

「GW明けは売上が落ちる…」という迷惑メール

メールを開くと「GW明けは売上が落ちる...」という件名の迷惑メールが入っていました。迷惑メールフィ

記事を読む

no image

廃棄食品横流し

CoCo壱番屋の産廃業者の冷凍ビーフカツ横流し事件のニュース。以前、デリバリー(出前)のポータルサイ

記事を読む

認知的不協和

広告のキャッチコピーは認知的不協和が最強か

公告のキャッチコピーを考える際、物販の場合は、「たらいが50%OFF」とか「2016年流行のたわし」

記事を読む

個人事業ハンコ

個人事業主がハンコやHPを作って得する理由

以前取引しそうになった個人事業主さんがいたのですが見積書のハンコが苗字だったんですよね~。

記事を読む

no image

キャッチコピーのお供「シャルパンティエ効果」

キャッチコピーやライティングをするときは、いろいろなテクニックを盛り込みながらやらないといけないんで

記事を読む

現状維持

恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食べたことのないものを食べよう。

記事を読む

no image

ハード・トゥ・ゲット・テクニックの意味

ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは、「アナタだけに」という特別感で相手の自己重要感を刺激して好意を

記事を読む

no image

初頭効果の営業マンを客観的に見ると

心理学で言う初頭効果とは、「初対面以降、第一印象に引きづられる。」ということですね。営業案のSさんが

記事を読む

Adsense

Adsense

売れるECサイトの共通点
売れるショップ・ECサイトの共通点

フェイスブックを見ていたら、「売れるショップの共通点」といった話題が流

激増2
ネット販売や開業に関する相談が激増中なのはなぜ!?

最近記事に書くことも増えてきた「問い合わせ急増」の件です。やたら多

値下げしても売れない
値下げしても売れない。

「小学生でもできる販売戦術のひとつが値下げですが、できれば、こんな

no image
店長ブログのテーマやネタに「ネットショップ紹介」はいかが?

ネットショップ運営にブログはつきもの。店長さんはじめ、ブログ担

no image
ニュース記事の編集って楽しそう

最近よくyahooニュースを見ることが多いのですが、「見出しよく考えら

→もっと見る

PAGE TOP ↑