個人事業主がハンコやHPを作って得する理由

この記事は約3分で読むことができます。

以前、取引しそうになった個人事業主さんがいたのですが見積書のハンコが苗字だったんですよね~。普通の個人印鑑です。

別に悪いことでもないですし、法的に何があるわけでもなく。

でも、「個人」印だと、あまりに個人感が出ていて印象は良くないかったです。

例え、個人でやっていても、いい商品を紹介してくれたり、いい仕事をしてくてたりすれば何の問題もないんですが、ビジネス上の第一印象としてはちょっとマイナスポイントかなって思います。

個人事業主と言えど、ハンコを作ることで仕事感、というか、プロフェッショナル感を演出し、先方に対する信頼感も上げることができます。

「きっちりしてるなぁ」といった印象を持ってもらうことができます。

逆に個人印だけだと、「ケチってるよなぁ」と思われても仕方がないですね。

ハンコなんか、ハンコヤストアドットコムとかで、2、3千円で作れるんだから、安いのをひとつ用意しておけば良いのに、、って思います。

パジャマ姿の非番の警官に、プチ違法行為を指摘されても説得力ないじゃないですか。

警官は制服を着てるからこそ説得力があるわけですよね。

教頭先生が悪酔いしていても、居合わせた他人からすれば、ただの酔っ払いのオヤジです。

つまり、「人は表面的なところを見て物事を判断してしまう。」ということですよね。これを利用しない手はないと思うんですが。

心理学で言うハロー効果ですね。

ホームページ(ウェブサイト)も同じです。

立派なホームページを用意しておけば、それだけでプラスに作用します。

逆に、ホームページ冴えないような個人事業や法人は、もはや、「怪しい企業」扱いされても仕方がないわけです。

周りでも、「この会社検索したんだけどホームページもないんだよね。大丈夫かな?」そんな声はよく聞くことがあります(就活中の人とかに)。

ホームページを持つことが良いこと言うわけではないです。

中には、既存顧客だけで営業していて新規客を望んでいない場合は、むしろ、メールアドレスや電話番号の公開はマイナスになることもあります。

「どんどん営業したい。いい人を採用したい。」そんな個人事業主にとってホームページは、事業のプラスの演出にもなります。