*

インターネット販売の手順を教えて下さい

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 SEO・SEM, ウェブ・テクニック, おもしろキーワード

この記事は約3分で読むことができます。

最近、かなり増えてきている文章スタイルの検索ですが、一応、そういった検索は意識しているつもりです。今日の検索ワードに「インターネット販売」「手順」とあったので「インターネット販売の手順を教えて下さい。」という検索センテンスで記事を書こうと思った結果が、この記事。

ところが、Googleで、このセンテンスで検索してみたところ1位に出てくるではないですか。これは、一見、喜ばしいことですが、ランディングページが必ずしも、この検索センテンスに対して適切なコンテンツを提供しているかというと微妙です。

そこで、そのセンテンスに対して適切か不適切かわからないコンテンツを提供したいと思います。

手順と言えば、開業届けに始まり、ハンコを作ったり、銀行に口座を作ったり。

そんな教科書的なやり方も悪いとは思いませんが、スタートまでに時間がかかるのが難点です。

なので、個人的にオススメの手順(責任はもちませんが)は、「まずはデータで販売を開始する。」ということです。データとは販売したい商品の写真や商品説明や価格などです。サラリーマンの状態で全然OKです。開業届けとかとりあえず無視です。使う口座も個人口座。

つまり、開業届を出す前、仕入れが確定する前に、ショップサーブなどを借りてバーチャル的に販売を開始します。それで、商品のヒット具合がわかります。反応が全く無い場合は、販売を見送って別の商材を検討するなどします。良い反応が得られたら、実際の販売へと手続きを進めて行きます。

注文が入って商品を持っていなければ、その注文は「売り切れ」ということで断れば済みます。代金を頂いて商品を送らなければ、立派な詐欺になるので、その点は注意してください。仕入れられるなら、すぐに仕入れて販売します。

スーツのまま走り始めて、「こりゃマラソンゴールできそう。」と思ったら、コースの途中でシュズやウェアを買い揃えて行く感じですね。かなり荒っぽいやり方ですが、ネット販売はこのほうがやりやすいと思いますね。

「最近の人は考えすぎ。」と誰かが言ったとか。考え過ぎると腰が重くなりますからね。とりあえず思ったことやってみることができるのが、この業界のメリットだと思うのですが。参考にして痛い目いあっても知らないで、自己責任にてよろしくお願いいたします。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

画像の切り抜き

画像の切り抜き方

AdobeのPHOTOSHOP(フォトショップ)など、写真編集のテクニックのひとつに「切り抜き」とい

記事を読む

サイト廃止も想定してサーバーを選ぶ

「ネットショップ向け写真撮影の代行をやっています。よろしければご紹介ください。」的なメールをたまたま

記事を読む

no image

便利屋のネーミング

「便利屋 ネーミング」というキーワードがあったので、「よし、考案しましょう。」で、まず最初に思い浮か

記事を読む

LPOの復習

ウェブ担当者は効果的なランディングページが作れること

ランディングページを作るのは、ほんと難しいですね(泣)。 もう、効果的なランディングページを作

記事を読む

ペイパル

外注したらPaypal払いだったので使ってみた

自分でやれば10時間はかかるような作業を外注してみました。金額は1万円ほど。プロなので、自分でやるよ

記事を読む

改ざん問題

ネットショップ初心者向け基礎知識

ネットショップを始めた。お店づくりにはどんな選択肢があって、どのように選べば良いのかを知らない。そん

記事を読む

特商法オリジナル

特定商取引法をオリジナルページにしてしまう方法

ショップサーブのスマートフォンサイトでは、実は、「フリーページ」を使って特定商取引法のページを差し替

記事を読む

何が儲かるか

ネット販売 何が儲かるか

それはショップ運営者として永遠のテーマです。 はい。 先天的に儲かる商品チョイス能力ある

記事を読む

ロリポップに

ショップサーブではなく、別サーバー「ロリポップ」でWordPressを設置する方法

ショップサーブは、通販専用のアプリです。通販サイトの運営専用で、ブログには向いていません。オプション

記事を読む

shop

これは絶対欲しい。ネットショップ向けど真ん中のドメイン

yahoo!を見てたら「ネットビジネスを始めるなら!話題の.shopドメイン取得はここから。ECサイ

記事を読む

Adsense

Adsense

ショップサーブがレスポンシブ・デザインに対応していない常識的な3つのワケ

レスポンシブWEBデザインとは、1つのページを作るだけで「PC

B2B
BtoBビジネス入門エッセイ「もっと儲かりまっせ」

もっと儲かりまっせ。 15年近く前の本です。ドッグイヤー

ショップサーブ・CSSカスタマイズ
最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・

park終了
9月30日Eストアー「park.jp終了」の裏事情!?と通販サイトの二極化

ショップサーブにとっては、棚ボタ的な広告サービスだったEストア

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

→もっと見る

PAGE TOP ↑