シェアの逆転

シェアの逆転

この記事は約3分で読むことができます。

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じゃないでしょうか。以前は、Windowsを買ったら必ずついてくるインターネットエクスプローラー(IE)が8割も9割ものシェアを持っていましたが、いつの間にか逆転してしまいました。

ブログCMSに関しても、以前はMovable Type(以下MT)もそれなりにシェアがありました。2005年まで「それが良い」と信じ込んで使っていましたが、現在は、wordpress(以下WP)に乗り換えました。今では、WPのシェアは6割とも聞きます。

そんなこんなで2006年あたりからは、ネットショップのブログやプライベートのブログを始めるときは必ずWordpressです。WPは乗り換え当時、すでに人気があったのですが、今と比べると、ちょっと使いにくいところもあったので少々不安がありました。でも、もう、ほぼ完成形ではないかと思うほどです。

ま、シェアの逆転はネットの世界ではよくある話ですね。検索エンジンもそうですし、ショピングモールやフリマもそうです。かつて利用していた、たしかリクルートの運営していたフリマサイトは、情報を探そうと思っても、もはや痕跡も見つかれりません。

今はフリマと言えば、そうです。メルカリです。ただ、メルカリも何かと問題を抱えているので、今後また別のアプリにシェアを奪われる可能性はなきにしもあらずですよね。楽天もラクマというフリマアプリを出していますし、ヤフオクもフリマ機能を導入しています。

おっと、ショップサーブなど、ECサイト運営のためのシステムも全く同じですね。大昔は「自作」がもっとも多いやり方でしたが、その後「ASP」へとユーザーは流れてしまいました。

その中間の、ショッピングカートだけを提供するような業者もありますが、これらの企業は今後どうするでしょうね。一度シェアを奪われると、奪還は難しいですから。自社のECサイトもシェアを奪われてしまったことがあるので他人事ではないですが。それにしても、何かしようにも技術力がなさすぎて、どうにもなりません・・・