簡単に屋号口座が作れる銀行

簡単に屋号口座が作れる銀行

この記事は約2分で読むことができます。

楽天銀行を除いて他にはないでしょう。

簡単に作れることを実感してもらうために、一度、三井住友やUFJなどの都市銀行を始め地方銀行の窓口まで出向いて「屋号の口座を作りたいのですが。」と言ってみてください。そして、実際に手続きをしてみてください。断られる場合もあれば、必要な書類を用意すれば作ってもらえる場合もあります。

とにかく時間がかかって面倒くさい。

その後、楽天銀行で屋号口座を開設します。

銀行もいろいろありますが、「こんなに差があるのか!?」と驚くと思います。

これまで、いろいろな銀行で屋号口座や法人口座などを作ったことがありますが、ク○です。ほんと。持って行った書類に少しでも不備があればアウトです。出直しです。「さっさと作れや。ヴォケ」と言いたくなります。

もちろん、マネーロンダリングとか偽名口座とか、ややこしいことがあるのはわかりますが、役所的というか、杓子定規というか、EC関連のスピード感で臨むとイライラしてしまいます。

話はそれましたが、銀行全部が杓子定規かというと、そうじゃないんですよね。楽天銀行がゆるいとは言いませんが、少なくとも都市銀行や地方銀行とか、昔ながらの銀行よりは先進的です。話わかってるね~。そんな感じです。

ま、「楽天は嫌いだ!」って人の気持ちはよくわかりますが、ネット販売するにはネット銀行は必須ですからね。そこは、背に腹は代えられないです。振込口座が楽天銀行だからという理由でイメージダウンすることもないですからご安心を。