「月会費自動課金でボロ儲けシステム」をやりたい・・・

ボロ儲け

この記事は約3分で読むことができます。

月額課金でボロ儲け

ショップサーブという通販システムを、毎月3、4万を払いながら、細々とネット販売を営んでおります。○○円で仕入れたモノに、ちょっぴり利益を乗せてコツコツ販売するスタイルです。かれこれ10年以上にはなるかと思います。

正直、ネット小売りも儲かるっちゃ、儲かるんですが、やはり欲がでるんですよね。

できれば、毎月自動課金ほったらかし儲けシステムをやりたいって思うわけです。

月謝の自動課金や、銀行引き落としやクレジットカード引き落としという決済システムの表向きの意味は、「毎月の支払い(や請求)の手間が省ける。」です。これは、ユーザー側も販売側も然りです。とても便利なシステムです。

でも、事業者としては、この月額課金は、裏の旨味があるのは周知の事実です。

それは何かと申しますと、例えば、ボクシングジムやフィットネスクラブなどで「あるある」ですが・・・

やる気満々でジム通いを始めたものの結局続かず行かなくなる。しかし、毎月の引き落としは継続される。気づかない。

事業者にとって、これほど儲かるシステムはありません。お金は払ってるけど利用なし。このような非アクティブなユーザー(幽霊会員)の存在こそ、毎月の自動課金の最もおいしいポイントでございます。

それはわかっているんですが、自分のECサイトでそれができるかと言えば、極めて難しい。というか無理。

毎週素敵な雑貨が1個送られてきます。月額9,980円。

まったく売れないのは、火を見るより明らかです。

でも、その儲かるシステムは知っているので、ネット販売ではなく、それなりの人、例えば、「ボクシングでタイトルを取ったことがある」とか、「元(何かの)プロ」とか、そういった人と組んで、「“なんとか教室”などの事業を始める」というのが定番でしょう。

ぜひ、「それなりの人」がいましたら、一声かけて頂けると幸いです。

自動課金のシステムは簡単に導入できますし店舗の用意や法律関係、事務系もバッチリです。リテラシーの低い人を大量に集めてボロ儲けしましょう。(もちろん、その辺のこと気づいているユーザーも多いです。喜んで解約に応じましょう。)

ちなみに、ヘッダーの「通販にクーリング・オフ制度はありません。」ですが、そのテーマの記事の予定がすっかり変わってしまったことお詫び申し上げます。

m(_ _)m