*

節税当然 年収600万までは税金0円でしょ!

公開日: : 最終更新日:2015/12/01 経理と会計と税金

この記事は約2分で読むことができます。

個人事業や会社をやっている人の視点で考えると、年収600万くらいは普通に税金0円じゃないでしょうか。1300万超えても税金1円も払ってないようなお方もいらっしゃいますが、ギリギリなことやってますから(笑)それは例外にしておきますか。

サラリーマンは源泉で取られるのでどうしようもない、ことはなくて、副業で個人事業を開業すれば簡単に税金は0にできますよね。もちろん、開業なので、売り上げを作る活動をするのが最低条件です。

個人事業を開業すれば、サラリーマンには決して認められない経費がバンバン認められちゃいます。ま、認められると言うと、税務署に言ってで「(私)これは経費として認められますか?」「(税務署員)はい。認めましょう。」なんて問答がありそうな感じですが、ないない。確定申告に数字書いて出すだけ。

後は、副業を堂々とやれる環境なのか。こっそりやらなければいけない環境なのか。バレるとクビが飛ぶ環境なのか。そういった環境によってアクションも変わってきそうですね。

「終身雇用は終わった」みたいな風潮がありますが、まだまだ終身的に雇用しそうな企業って多いですから、そういった会社に骨を埋めようと思っている人は変にキズを作らないほうがいいかも知れないですね。それとは逆に社畜的扱いを受けているなら、副業を本業にするくらいの勢いでやっちゃいましょう。冒険しない、大人し過ぎ、安全志向、保守的、草食の人が多いというか・・・

「具体的には、どうやって節税すれば良いのか?」については、書籍がたくさんあるので5、6冊もしっかり読めば、すぐに節税の達人です。決して脱税には走らないように気を付けてください。年収300万のあなた、400万のあなた、500万のあなた、税金は0円にしましょう。

節税関連の本を読めば楽勝!

Adsense

関連記事

最強の個人事業主

やっぱり個人事業主が一番いい

確定申告は今日までですよ~ A4形式ではなく、無意味に縦に長いの用紙に手書きしていた時代も経験

記事を読む

確定申告

「確定申告作成や会計はネットから」がスタンダード

パソコンを買い換えると、これからの時期に活躍するあのソフト入ってないんです。会計ソフト。で、ソフトの

記事を読む

freee

FREEE

時間にお金以上の価値があると気づくようになると、仕事効率化や時短に繋がるツールを見つけるとテンション

記事を読む

仕入れの勘違い

仕入れの勘違いにご注意(経費にならないよ)

いきなりですが、問題です。 【問】 2016年1月~12月、1年で300万円分商品を仕入れま

記事を読む

リース

起業するなら買い取りよりリースのほうが良い場合も

これまで、リースには「結局は高い買い物」とか「契約とかいろいろ面倒くさそう」といった悪いイメージしか

記事を読む

quocard2

QUOカードや金券を確実に経費にする方法

(www.quocard.com/) quoカードはもちろん、商品券やビール券、最近では、

記事を読む

起業アイデア発想法

起業アイデア発想法~宅配にしてみる~

楽天のランキング見てたら「宅配クリーニング」というものが上位にランクしていました。 なるほど!

記事を読む

専従者給与になるか

兄弟や姉妹への給料は専従者給与か

兄弟(姉妹)に手伝ってもらうという【届け出】を出していなければNG。 その届け出のことを「青色

記事を読む

利益が出すぎた

会社 利益が出すぎた 節税方法

たまにある訪問キーワードです。 「しまった!利益が出すぎた!」 ありますよね~ で

記事を読む

no image

経費をクレジットカードで使った場合の仕訳

経費をクレジットカードで支払いうと、後の処理が楽なので、積極的に使っている人も多いと思います。ただ、

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑