システムインテグレーターが繁盛すると消える職業が増える

システムインテグレーター

この記事は約3分で読むことができます。

電力会社のカード情報を変更しようと思ったら、なんと!すべてスマホから完了できてしまうシステムが出来上がっていました。少し前までは、「カード情報変更届(複写式)」とかを取り寄せて、それに手書きで記入して送り返していましたから、大きな進歩です。

さらに、電力の使用料のグラフなんかもウェブで見られるようになっています。いつからなんでしょう?システム開発系の企業さん大繁盛ですね。システムインテグレーター(SIer)のお仕事ですかね。これからどんどん伸びそうです。

カード情報の変更について、これまでは顧客が記入した書類を封筒から出して、そのデータを入力する人が必要だったわけですが、顧客がスマホから簡単に変更ができるようになると、その仕事はなくなります・・・・大企業ですから、その辺は専門の部署や専門の担当スタッフがいると思いますが、今後部署自体が消滅する可能性もありそうです。

ショップサーブ運営のEストアーが、「EC強化と人手不足を一気に解決」なんてキャッチコピーを使っていますが、販売の現場もどんどん人がいらなくなっています。ネットショップも全部丸投げすれば自社に人材はいらないですから。自販機操作は外注です。もちろん、コストはかかりますが、人を雇うことを考えれば安すぎるくらいです。

「実店舗(実業)はやっているがネットショップのやり方がわからない。」という人がいるのはある意味当たり前ですね。運営方法が全然違いますから。しかも、実業はアナログ的で、ネットはデジタルですから、右脳と左脳の違いくらいあるんじゃないでしょうか。つながってるけど、基本的に役割は別、ということです。

ちなみに、カス会社の支払い方法も変更したのですが、こちらは相変わらず「変更用紙の取寄せ」からです。しかも、「お届けに1週間前後かかる場合がある。」とのこと。相変わらずお役所的ですな。

※関連
今後有望な業種のひとつはシステム・インテグレーター(SIer)!?