通販参入企業、楽天退店組向け。新規ECサイト制作費用が50%OFFに

制作費オフ

この記事は約7分で読むことができます。

企業向けECサイトシステムのショップサーブが、制作費用50%オフのキャンペーンを始めました。

ショップサーブ

5月限定です。

かなりレアなキャンペーンですね。

なんだかんだと言っても、世の中何が起ころうと、結局のところ、今現在、ネット通販を含めEC業界は成長中なんですよね。

衰退する気配は一切ありません。(当店は衰退中・・・)

それを目の当たりにして、ようやく重い重い腰をあげて(じゃっかん慌て気味で)通販事業を開始する企業もチラホラ。

遅すぎにもほどがありますよね。

いや、そんなことを言うと気の毒か。

「思い立ったが吉日」で、良いことだと思いますが、スタート方法を間違えないように気を付けいところです。

ノウハウを持っていないヤツには頼むな

今だに、おバカな中小企業の社長や幹部が、「ECサイト制作をホームページ制作屋に頼む。」

というお国のトップもびっくりするほどトンチンカンな選択をします。

ほとんどのホームページ制作屋や作れるのは作れますよ。

でも、ただのECサイト(ネットショップ)と売れるネットショップって「作り」が違うんです。

業界を知らない人には、どちらが作ったサイトも同じように見えるんですが、内容が天と地ほど違います。

ワインの味がわからない人が、おいしいワインとまずい安物ワインの違いがわからないように。

例えがちょっとイマイチではありますが、通販サイトを作ってもらうなら、絶対にノウハウを持っているところでです。

それが大原則。

売るため、売れるため、顧客を獲得するためのECサイトには法則があるので、それをきっちり実現できる技術を持っているところに作ってもらうのが正解。

でないと、売れる商品も売れない残念な結果だけが待っています。

一番金のかかるところが50%オフ

「立ち上げ時のサイト制作」が一番お金がかかります。

運営に入ったら広告費などの費用がかかりますが、これは大きくしたり小さくしたり、自社で自在にコントロールできます。

でも、サイト制作だけは、サイトの規模に応じた金額になってしまいます。

商品数10点だけの販売サイトでも10万~30万円はかかります。

「500点全部やってくれ。」となると100万円では足りないでしょう。

その制作費用が50%オフというのは、新規立ち上げの企業はもちろん、楽天からの切り替え組も注目じゃないでしょうか。

ま、こんなキャンペーンはニュースにもなってませんから、常に情報のアンテナを張っている人しか気づかないレベルです。

制作に関しては、1冊まるまるパンフレットとして用意してくれているので資料請求しても良いでしょう。

すぐ送ってくれると思いますよ。

↓当社にも残ってました。

制作代行
「きれいなサイト」ではなく「買われるサイト」とありますね。
その通り。なかなかうまく言いますな。

気になる料金は?

このパンフレットは2017年9月発行なので、もしかすると若干変更があるかもしれませんので、あらかじめご了承ください。

料金はあくまで目安ですね。

交渉次第ではもっと安くなるかもしれませんよ(^^)

柔軟な対応ができる企業であり社員さんも親身で良い人ばかりですから。

ま、あまりゴリオシで値切る姿勢はやめときましょう。

まず、トップページ。

1ページだけですが185000円~です。

これを、ただのホームページ屋に「1ページ作ってください。」と言えば、おそらく安くて8000円~2万円くらいでやってくれるでしょう。

でも、何度も言いますが、通販を知らない人に作ってもらうことほど不幸なことはないです。

次は、商品ページ。

これも1ページあたり45000円~。

「ひゃ~たっけ~」と思うかもしれませんが、きわめてスタンダードです。

そして、バナー制作は1点あたり5000円~1万円。

バナーとは

さらに安くおさえるテクニック

制作前にはヒアリングというかコンサルティングが必ず入ります。

「お願いします。」「はい。わかりました。」で事は進みません。

企業それぞれの内容に応じてサイトは全然変わってくるので、事前の打ち合わせが肝心になってきます。

上記で、「トップページ185000円~」と書きましたが、これはどちらかというと「パソコンで見るショッピングサイトの画面がメインだった時代」の考えです。

今はスマホファーストです。

同社からも説明がありますが、企業、商材によってはパソコンのショッピング画面は一切手を付けずスマホサイトの構築が中心になることが多くなると思います。

そうなると制作費用もかなり抑えられます。

さらに、「トップページはお店の入口なので重要」なんて思っている人も多いと思いますが、お客さんはどこから入ってくるかわかりません。

カテゴリーページや商品ページから入ってくることのほうが多いくらいですね。

だから、イチオシ商品の商品ページやカテゴリを中心に作りこみをするパターンが費用を安くおさえて、「買われるサイト」を作るテクニックになろうかと思います。

場合によっては、ページ制作よりも、モデルさんを使った写真や動画撮影がメインになるかもしれません。

ケースバイケースですね。

詳しくは、じっくり担当者とご相談ください。

「ただ作って金だけ請求」ということにはならないでしょう。

とことん親身になってもらいましょう。

作り直しで売上20%増

パンフレットの用語説明でも、と思って撮った写真ですが、説明が必要なのは「CVR」くらいですね。

CVR

CVRというのは、100人中何人が購入に至ったかという割合です。

「今まで100人中1~2人でしか購入者がいなかったのが、サイトを作り直したところ3~4人になった。」といった感じです。

通常は「コンバージョン」というので、打ち合わせ前の基礎知識として身に着けておくと良いですね。

ゴルフでもなんでも、「プロのアドバイスで劇的にうまくなる。」ってよくあるじゃないですか。

「ちょっとノウハウを教えてもらうだけで、売り上げが一気に上がる。」というのも珍しくないです。