ヒット商品のアイデアはどこから?

ヒット商品

この記事は約5分で読むことができます。

ヒット商品

急に暑くなりましたね・・・外回りの仕事でなく、ネット仕事なので良かったと思う瞬間です。

会社の近くに工事現場がたくさんあるので、現場のお兄さんをよく見かけます。そして、さらに目につくのが充電式ファンジャケットです。ジャケットにファンがついていてモコモコしたやつです。あれ、大ヒットしているらしいですね。

ヒット商品に恵まれない数年を経験しているので、もっぱらヒット商品のヒント探しです。リアル・ネット関係なくいろいろなところからインスピレーションを得ますが、今回はネットの場合、「ここオススメじゃね?」的なところを3つほど。

1.Etsy(エッツィー)

https://www.etsy.com/jp/

アメリカのハンドメイド商品の販売プラットフォームです。日本で言うならminne(ミンネ)です。イメージとしては、個人作家がハンドメイドの商品を作って販売しているサイトです(中には業者もいると思われます。)。創業は2005年とかなり古いです。

当店の業界の商品の多くは、実は、「日本オリジナル」のものは少なく、大半が海外からのアイデアの輸入です。海外のデザインそのままでは、日本ではウケないので「日本テイストにアレンジで売り出す。」といった感じです。

例えば、海外で「かわいい」と思われるデザインのモノを、そのまま日本に持ってきても「怖い」と思われるので、アイデアだけをパクって、日本人好みにアレンジするわけです。

そういった意味で、Etsyは、初期アイデア的なものを見つけるには、なかなか良いです。ランキングもあるので、あちらでウケているアイデアを拝借して日本風にアレンジして商品化する、といった感じです。

 

2.Makuake(マクアケ)

https://www.makuake.com/

クラウドファンディングの「マクアケ」です(ネーミング素晴らしいですね。)最近、「マクアケで商品を買った。」という若い人が多いのが印象的です。20代から30代前半の男性が多い印象です。

世間的に大ヒットするような商品はあまり見かけませんが、「それなり」の需要を確実につかんで製品化しているのではないか?という感じがします。「その発想はなかった。」と言いたくなるような商品アイデアがたくさんあります。

これを言うと、ちょっとあれですが、素晴らしいアイデアの数々があるのですが、特許や実用新案を取っていそうなものがないんですよね。つまり、そのアイデアを丸々パクっても罪を問われないワケで・・・

マクアケのアイデアをこっそり拝借して、製品化される前に、あるいは後でも、「勝手に市場に出してしまう。」というのもアリですね。

ホームセンターや100均なんか、そういうの得意ですよね。世間でヒットしたアイデアがあれば、すぐにパクります。あのスピード感は感心します。特許商品でもパクッてますからビックリです。特許を侵害しないレベルでパクっているのでしょうか(そこはわかりませんが)。

3.Rakunew(ラクニュー)

https://www.rakunew.com/

海外のアイデア商品をいろいろ扱うキュレーションECサイトです。どちらかというとガジェットが多いですね。ガジェットとは、「無くても困らないけどあれば便利(楽しい)な道具。」的な感じです。

↓例えば、、(斬新なやつが見つからなかったので、、、とりあえず)

だいたい、こういったアイデアはだいたい海外が多いですね。丸々パクると問題が発生するかもしれませんので、権利関係は慎重にやったほうがよさそうです。

商品を開発した後は、ショップサーブなど、通販サイトを通じて販売するだけです。