*

デザインはシンメトリー効果を意識する

この記事は約2分で読むことができます。

シンメトリーとは左右対称や上下左右でつり合っていること。ホームページのレイアウトが崩れていると「このお店やってるのかな?」とか「ずさんなお店っぽい」と不信感を覚えるのとは逆に、バランスの取れたレイアウトやデザインのサイトの場合は、美しさを感じるのはもちろん、誠実さや安定の印象を受けて好感を持ってしまうというわけです。

まぁ、シンメトリーなレイアウトにしたからと言って、目に見えて注文数が増えることはないと思いますが、やらないよりやっておいたほうが良さそうです。ただ、2カラムレイアウト(左にナビゲーション、右にメインスペース)の場合は、元から左右対称じゃないので仕方ないので、その他のバナーやリンクの並べ方などにも気を配りたいです。

3カラムでよくやってしまいがちなのがこんなやつですかね。

レイアウト

左右のバランスが取れていないので、未完成でだらしない感じ。

それを、次のように修正。

レイアウト2

すっきりですね。これで信頼感もアップしそうです。?

これらのレイアウト・テクニック以外には、「左揃えや右揃えを統一させて文章も整った形で見せる。」「スペースは多すぎず少なすぎず、見やすいよう適度に使う。」「タイトルや見出しなと、文字の大小もメリハリをつける。各ページで見出しの色や大きさも共通させる」「使う色を数色に決めて、それ以外の色は使わない。」などなど。

ショップサーブのページデザインはレイアウト式ですが、あくまで最低限ですから、自分なりに見栄え良く調整していく必要がありそうです。

バナーを作成するときも、素人の感覚だけで作成すると、どこかぎこちない感じになりますが、この左右対称感を意識して作るとプロに近づけるかも知れませんね。

Adsense

関連記事

no image

「ネットショップ開業ホームページ制作」は120%間違いです

「ネットショップを開業しよう。」 「ネットショップを開業したい。」 「ということは、ホー

記事を読む

クリスマス特集

クリスマスセール(キャンペーン)の準備や設定方法

もう気分はクリスマスですね。もちろん、店舗運営者の感覚です。でも、世間でも10月あたりからぼちぼちク

記事を読む

パクリ

ホームページ デザインのパクりは罪?

なかなか微妙なテーマです。 極端な例として、ブランドバッグや腕時計の正規品を販売するネットショ

記事を読む

ドロップシッピング

Eストアーフレンドリンクを無理やり半ドロップシッピング式にしてみたら

ドロップシッピングもアフィリも似たようなもの。会員が「ブログ」にリンクを貼り付けるか、「お店形式で出

記事を読む

ギフトショー

商材仕入れはギフトショーで

間もなく待ちに待ったギフトショーの季節です。福岡は6月に終わりましたが、最大の東京はまだです。チャン

記事を読む

efax

簡単に注文数を増やす方法

実店舗を運営している人は、脳みそが実店舗運営系(悪い意味ではない)になっているんですね。ネット販売も

記事を読む

アンカリング効果

そのテクニックには心理学の名前があった

ページ作りや商品構成を考えてるときに、普通に使っているあのテクニックやこのテクニック。 実は、

記事を読む

裏側

クラウドワークス仕事募集の裏側

昨日からの続きです。 使ってみるとわからなかったことが、いろいろわかってきました。 報酬

記事を読む

お取り寄せ

「お取り寄せ」には2つ意味がある

食器を探していたら「アイテムポスト」のページがヒットしました。アイテムポストとは、ショップサーブで言

記事を読む

会員ランク

ファン化促進のための顧客会員ランク分け設定について考えてみた

ほとんどのネットショップが会員制やポイント制度は導入していると思いますが、難しいのは会員のラ

記事を読む

Adsense

Adsense

写真優位効果
写真優位効果(ユーザーは文字を読みたくない!)

返報性の法則やら、アンカリング効果やら、フット・イン・ザ・ドア

11月の販促
11月のイベントに向けて販促キャンペーン・スケジュールを立てよう。

気づけば、今年も後半戦じゃないですか。販促は計画どおり進めてい

クロスセル
EC事業者のトップセラーの活用方法(クロスセルに使う)

ネット販売のお手軽副業のお供、在庫不要ネット仕入れのトップセラー(

管理画面改善
朗報。ショップサーブの管理画面少々改善される(オリンピック!?)

このヘッダーの通り、ショップサーブの管理画面の「メニュー部分」

カラーミーの優れたLP(ランディングページ)がGOOD

カラー・ミーショップ・プロを、たまに覗くのですが脱帽です。日々

→もっと見る

PAGE TOP ↑