« 年商1500万円の通販ショップ | メイン | 自作ショップのメリット・デメリット »

2008年08月06日

老舗通販ショップの変遷

日経MJ2008年3月26日付けの「にぎわう専門通販」

2000年設立、埼玉県にある旅行関係の用品を販売するショップさん(年商2億弱、スタッフ10人弱)。設立の年からわかるようにこの業界では老舗です。しかも、当時は同業がほとんどいなかったので、その業界では草分け的な存在でしょう。

この頃のショップの作り方は、安価で便利なサービスがなかったので「自作」に頼らざるを得ませんでした。(月額5万円でも安いと言われる時代)2002年頃を見てみると、バッチリ手作り感がありました。

でも、数百点、数千点の商品を扱うお店で、サイトを手作りして、さらに人海戦術のメンテナンスをするといういのは、本末転倒です。

どういうことかと言うと、コンピューターを使えば人間の作業が楽になるはずが、アイテム数が増えるのに比例して労力も増大してしまうということです。

ちなみに、このショップさんは2004〜2005年頃にCMSに切り替えていますが、ショッピングカート(PHP)はおそらく独自開発と思われます。商品ページを自動生成するPHPプログラムと組み合わせて作っているようです。