*

開店前に知っておきたい「ショップサーブ店舗メールの使い方3のコツ」

ショップサーブだけに限ったことはでないですが、メールの使い方については3つのコツがあります。

(1)デフォルトとは異なるメールアドレスを使う
(2)Webメールを使う
(3)店舗メールは必ずクラウドにバックアップ

(1)デフォルトとは異なるメールアドレスを使う

ショップサーブのデフォルト(初期状態)のメールアドレスは「shopmaster@*****.jp」等です。このメールを受注や問い合わせ用に使わないというのがポイントです。なぜなら、このメールは迷惑リストに簡単に乗ってしまうからです。このメールを使ってショップ運営をすると注文メール以外に大量の迷惑メールが押し寄せてきます

そうではなく、新たに、第三者に推測されにくいアドレスを作っておきます。「info@」や「shop@」、「order@」、「tencho」などは、いかにもお店メールですから、このメールアドレスを知らなくても「*****.jp」に、自動的に、そらしき文字列をくっつけて送ると、簡単に送信されてしまいます。

一番オススメなのは店長の苗字です。「yamada@*****.jp」や「sasaki@*****.jp」です。そして、このメールはサイト上に公開してはいけません。公開するのは「shopmaster」だけです。shopmasterにもお客さんからのメールが入ってくるので、それはこまめにチェックします。

(2)Webメールを使う

今、パソコンにはどんなメールソフトが入っているか知りませんが、パソコンのメールソフトに頼ってしまうと、パソコンが壊れた時や、パソコンを持っていない外出時などに困ります。パソコンが苦手な人は、まだパソコンのメールソフトに頼っているかも知れません。

そうではなく、いつでも、どこからでもメールが送受信できる環境を作っておきます。

それにピッタリなのがWebメールです。

ショップサーブでは「店舗メール」というWebメールの機能があります。パソコンからでもスマホからでも送受信できる仕組みになっています。下の画像は、ショップサーブのWebメールです。シンプルで使いやすいです。

webmail

(3)店舗メールは必ずクラウドにバックアップ

ショップサーブでは、メールデータの保管期限は1年です。このWebメールだけに頼ってしますと1年以上前の、お客さんからの問い合わせやその返信などの記帳なデータも消えてしまうことになります。そこで、店舗メールはGmailにも転送しておきバックアップを取っておきます。

ショップ運営者なら100%Googleアカウントを持っていると思いますので、転送方法だけ説明します。

ショップサーブ管理画面から、「お店設定」→「注文確認メールの設定」と進みます。

メール転送




Adsense

関連記事

メルカリ3

メルカリ初心者が学んだ3つのこと

たまに使うメルカリについて学んだことが3つあったので記録しておきます。 いいねの意味が違う 不要

記事を読む

セミナー2018

ネット開業セミナーは受けたほうがいいと思うよ~

最近、メルカリ全盛で、ネットショップを始めようって人が減ってるんですよね。メルカリは、メルカリで使い

記事を読む

実店舗激減でネット市場さらに盛り上がるか

実店舗小売業激減でネットショップさらに繁栄か

ンニングシューズとかトレーニンウェア、水着などなど近くの大型スポーツ店に買いに行ったところ「在庫がな

記事を読む

api

ショップサーブ:APIが使用可能に!

ショップサーブのAPIを利用できるようにします 10月30日予定 ショップサーブの各種データを

記事を読む

no image

全部の商品ページに同じパーツを表示せる方法

ショップサーブのような開業サービスを使うメリットは、何かと「一括」処理ができる点です。例えば、商品ペ

記事を読む

セールス文章実践ドリル

ド定番。セールス文章実践ドリル(竹内謙礼さん)

新規ビジネスのためにキャッチコピーやセールス文章について再びお勉強中です。 ネットショップのキ

記事を読む

お中元特集

お中元検索は5月上旬から7月上旬ピーク

すっかり廃れてきてる感のあるお中元ですが、少しでも需要があること考えると、しっかり取り込んでおきたい

記事を読む

電話営業

目撃。電話営業がなくならない理由

ネットショップを開店するとすぐに電話が鳴ることがあります。もちろん、お客さんではありません。SEO業

記事を読む

TVショッピング

テレビショッピングは販売の仕掛けなど見どころ満載

テレビショッピングと言えばショップチャンネル。日本初のTV通販番組として1996年に設立された会社で

記事を読む

検索キーワードは検索ユーザーとの対話

検索キーワードはユーザーとの対話

GAのオーガニック検索のキーワードの取得がほとんどできなくなって久しいですが0%ではないんですね。割

記事を読む

Adsense

Adsense

売れるECサイトの共通点
売れるショップ・ECサイトの共通点

フェイスブックを見ていたら、「売れるショップの共通点」といった話題が流

激増2
ネット販売や開業に関する相談が激増中なのはなぜ!?

最近記事に書くことも増えてきた「問い合わせ急増」の件です。やたら多

値下げしても売れない
値下げしても売れない。

「小学生でもできる販売戦術のひとつが値下げですが、できれば、こんな

no image
店長ブログのテーマやネタに「ネットショップ紹介」はいかが?

ネットショップ運営にブログはつきもの。店長さんはじめ、ブログ担

no image
ニュース記事の編集って楽しそう

最近よくyahooニュースを見ることが多いのですが、「見出しよく考えら

→もっと見る

PAGE TOP ↑