*

副業も本気でやる人が勝ち残る時代

公開日: : 最終更新日:2017/11/07 ネットショップの作り方, 基礎知識やノウハウ, 起業や開業

副業でも本業でも、結局のところ、知識や経験、スキルレベルや人脈などが豊富であればあるほど実入りが良いというのは当たり前の話ですね。中には、「勉強やスキルアップなんかしたくない。今できることだけで稼ぎたいんだ!クラウドーワークスの作業系で十分だ。」という人もいます。

そういう人は別にして、副業でもガッツリやりたい人は、まずはスキルの習得でしょう。本業を持ちながら、「さぁ明日から人脈を増やしましょう!」って言われても難しいですからね。仕事中(バレないように!)やプライベートの時間に、直ぐに取り組めることと言えばスキルを磨くことですね。

予備校に通った経験がある人はわかると思いますが、独学でやれば3年も4年もかかるかもしれないようなことを、受験のプロが最短で受かるテクニックを教えてくれます。

これがネットビジネスとなると予備校に相当するものがないので、ほとんどの人は自己流、独学でやっているのが実情です。結果、頭の良い人は一人でガシガシ勉強してどんどんレベルアップしていきますが、我々凡人は自己流でやっていて、それが「超遅い」「見当違い」ということにすら気づかず、ひたすら非効率なやり方で苦労しているわけです。

もし、6ヶ月取り組んでいて、まだ実践レベルに達していない人は、やり方が間違っているか、非効率すぎと言って差し支えないでしょう。

そんな方は、一度ネットビジネス業界における予備校みたいなやつトライしてみてはいかがでしょう?

こんなやつ↓

地味な広告ですが、スピードや中身を重視したしっかりしたプログラムです。「6ヶ月であなたを即戦力にする。」というキャッチコピーがあるように、短期間で即戦力になれるスキルが身につけられます。

たまに求人広告を出しますが、応募シてくる人で、即戦力になるスキルを持っている人は100人に1人いるかいないかです。会社に属そうと思っている場合は、「未経験者歓迎」なんて大ウソですね(笑)。どこの会社も本心は「即戦力」「できる人」を求めています。

「ちょっとできる」なんて人はゴロゴロいますし、そういった人の研修もタダじゃないんですよね。採用に金がかかったうえに研修するにも金がかかるから、できるなら未経験者やちょっとできるレベルの人は取りたくないんですよね。ま、新卒採用の場合は話は別だと思いますが。

研修する場合も、「教科書の1ページから教えていく。」なんてのろいことはしないですからね。即戦力になるための要点を抑えたトレーニングです。ネットショップの即戦力になるために「EC業界の歴史から学びましょう。」なんておかしいですよね。

ま、いずれにせよ、ネット業界はスピード早いですから、6ヶ月取り組んでいて、何の手応えも実績もなければ、そのやり方は見当外れと思って間違いないでしょう。副業するにも、しっかりスキルつけないと小遣いのコの字も得られない時代になってきました。

ちなみに、確実に稼ぎたいならアルバイト。男性は汗流して女性は日が落ちてから。副業でネットショップ開業ならショップサーブ


Adsense

関連記事

個人店はやりたい放題

個人店 やりたい放題

おもしろキーワード。 このキーワード、主観ですが、「リアル店舗の個人店は(節税?脱税?)がやり

記事を読む

アイデアはすぐドメイン

新しいアイデアはすぐにドメインを取る

「こんなサイトをやるとウケるかな?」というアイデアが浮かんだので、とりあえずムームードメイン(mum

記事を読む

ネット販売始めるならオズボーンのチェックリスト9

世間では新年度が始まりましたね。情報収集に出かけたとき、売れてるものを聞いたり見たりして、それがオズ

記事を読む

クラウドワークス

クラウドワークスを活用した副業ブローカー

クラウドワークスを物色中、「メルマガ執筆依頼!」というのがあったのでチェック。 なんと、その単

記事を読む

WEB関係の職種

通販サイトの制作関連の職業について

例えば、「イタリアン・レストランを作る、経営する」という場合、関わる職業はかなり多いです。お店を作る

記事を読む

ネットショップで使える販売心理学

ネットショップで稼ぐ方法簡単なんですが・・・

今やネットショップだらけで簡単に儲かるような状況ではないです。でも、開店前にキーワードを調べ、競合店

記事を読む

no image

マイナンバー今見ましたが何か?

仕事はもちろんのこと、物事には優先順位というやつがあります。好きな人からのLINEは真っ先に返します

記事を読む

DIME

週末副業で稼ぐ108の方法

今回はDIME誌。「ネット」「稼ぐ」「副業」「収入」というキーワードは女性の次に目が行くポイント。つ

記事を読む

小学生も稼いでいる

小学生、中学生、高校生もネットで稼ぐ時代

「youtubeの閲覧ユーザーは小学生が多い。」とはよく聞きますが。さらに、youtubeに動画

記事を読む

フローチャート

受注からお届けまでのフローチャート図

ネット販売のごく一般的なお店の受注から発送までのフローチャートを作ってみた。 Google dra

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑