*

ハッシュダグとは

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ネットショップ運営, マーケティング, 基礎知識やノウハウ

SNSが盛んになっているにもかかわらず、あまり活用していないのもあって「ハッシュタグ」の意味がいまひとつわかってなかった口です。でも、あるブログを読んで「なるほど!」と思ったので切り口を変えて紹介したいと思います。ネットショップの基礎知識のひとつですね。

まず、ハッシュタグに説明する前にSEOについて確認していただきたいと思います。SEOは簡単に言うと「検索してもらいたいキーワードをタイトルや文中に入れる」ことで検索結果にヒットするようにするための技術です。

「ネットショップ開業」がキーワードの場合、タイトルには「ネットショップの開業方法」などと入れて、本文には、このキーワードがいい塩梅に出てくるようにします。そうすることで、GoogleやYahooで検索されたときに当該ページがヒットするようになるということです。

では、SNSについて。SNSでd事を投稿する場合、Google検索やYahoo検索のためのSEOを意識してタイトルだのキーワードなどということはやりません。なぜなら、SNSは会員制なので、ある意味閉じられた空間です。だから、ある人の投稿が検索エンジンの結果に出てくるということが少ないのです。

特にFACEBOOKでは、記事の閲覧を友人だけに絞ったり、友人の友人まで」といった設定ができるので、「公開」にしていない限り検索エンジンに載ることがないわけです。

例えば、あなたが「今日めっちゃうまい高級寿司食べた!」と写真付きで投稿した場合、テキスト情報には「高級寿司」が含まれるので、その記事が「公開」なら、検索エンジンで「高級寿司」と検索すれば、あなたの投稿ページが検索結果に出てくる可能性はあります。

でも、記事の表示を「友人や友人の友人まで」といった設定にすると、その情報を見れるのは限られた人だけになるので、検索エンジンでいくら検索しても出てこないということになります。

そこで、記事の一般公開はしないけど、SNS内で検索してもらいたいという場合は「俺の記事を検索して読んでくれよ。」という願いを込めてハッシュタグを使うわけです。

例えば、投稿に「昨日仕入れた商品が速攻売れて完売だ。#仕入れ #完売」などとやるわけです。そして、投稿上の#仕入れの部分はリンク表示されます。それをクリックすると、同じくSNS内の#仕入れを含む記事の一覧を見ることができるということです。

また、友人のAさんの記事を読んでいると、「#ネットショップ運営」というハッシュタグがあったので、それをクリックすると、#ネットショップ運営とハッシュタグの入った記事の一覧が出てきて、どこのだれともわからない記事にアクセスすることができると言うものです。

ある意味、SNS内のWWW(ワールドワイドウェブ)と言った感じですね。ハッシュタグがなければ、記事を読んだ人はその場で終了ですが、ハッシュタグがあれば、そこからどんどんリンクを辿って、いろいろな情報にアクセス可能になります。


Adsense

関連記事

no image

失敗するなら最速で

“面白法人”カヤック社長の柳沢大輔氏の名言です。 なるほど!と思いますね。 アプリ系やウ

記事を読む

機能アップ

4つの機能アップをお願いを申し上げる

数年ぶりにショップサーブに要望。 (1)「お店ページを更新する」ボタンが、いちいちページ編集ペ

記事を読む

仕入れに交渉は必要か?

仕入れ前に交渉は必要なのか?

色んな業界があって色んな商習慣があることをあらかじめお断りしておきます。 仕入れ前、つまり、ま

記事を読む

no image

ネッシー取引承認されない理由

訪問キーワード「ネッシー取引承認されない理由」 ネッシーに「サプライヤー」として、つまり、問屋

記事を読む

領収書PDF

領収書はPDFファイルでダウンロードしてもらう

楽天で日用品をお買い物。カートの最後のステップで領収書を希望に(○)をしたら、後日「PDFでダウンロ

記事を読む

仕入れキーワード

仕入先を見つける決定打的キーワード

新しい雑貨を仕入れたくて雑貨屋をうろついて、「これは!」というモノを発見。ただ、店内にお客さんは少な

記事を読む

動画で売上アップ

使用例や使用感の動画満載で受注率アップ

少し前の日経MJに『パナソニックが新商品(衣類スチーマー)のマーケティングで動画を多用したところ、「

記事を読む

TシャツEストアー

Tシャツが売れる時期、売れない時期

Tシャツが売れるのは春から秋にかけてですね。4月から徐々に売れ始めて7~8月にMAXになる感じじゃな

記事を読む

信頼できる情報源

信頼できる情報ソースを集めよう

どんな情報でも引き出せるネットですが、ショップ運営者が情報扱うためには、それなりに慎重になりたいと思

記事を読む

大前研一の企業参謀

2015年偉くなる人、やばくなる人(プレジデント)

プレジデント2.16号の立ち読み。おおむねサラリーマンを意識した内容です。「偉くなる人」は「勝ち組」

記事を読む

Adsense

Adsense

ランディングページ
ランディングページの重要な7つのポイントをわかりやすく

ランディングページを作るたびに、「参考になるサイトはないか?」と探して

プレスリリース
なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに

AIDMAの法則
消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMA

顧客ランクは3つで良い
顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無し

シェアの逆転
シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑