仕入れの勘違いにご注意(経費にならないよ)

仕入れの勘違い

この記事は約3分で読むことができます。

仕入れは経費にならないいきなりですが、問題です。

【問】
2016年1月~12月、1年で300万円分商品を仕入れました。そのうち200万円分の商品が売れて100万円分が残りました。2016年の売り上げは400万円でした。経費は全部で100万円でした。最終的な利益はいくら?

【間違った素人回答】
400万円(売上)-300万円(仕入れ)-100万円(経費)=0円・・・(A)

利益は0円!

残念ながら、この計算は間違いなんですね~

【正解】

間違いの原因は残った在庫を計算に入れていない点です。

(A)の計算では、仕入れ分全部が売れた計算になっています。でも、実際は、在庫が100万円分残っているので、+100万円を追加しないといけません。

400-300+100(在庫)-100=利益100万円

100万円の黒字!

これが正しい計算です。

勘違いに注意

「なんで仕入れが経費にならないの?」という質問があります。確かに、仕入れをしたときに現金が出て行って「現金はマイナス」です。

でも、100万円分の在庫は、例えば、同業者にそのままの仕入れ値で横流し可能です。つまり、100万円の価値のある財産を持っていることになるわけです。要するに両替です。1万円を1000円札10毎に両替しても価値は変わりません。

1万円の価値のある商品を100個仕入れても、1万円札100枚が、1万円の商品100個に変わっただけです。お金とモノを両替しただけの話です。

簿記を知らないころは、「利益が予想以上に出そうだ」と思って、いつもより仕入れを増やせば、利益を減らせる」と考えていましたが、とんでもない勘違いだったわけです。

もし、仕入れは経費だと思って、100万円の利益が出そだから100万円の仕入れをしたとします。すると、計算式は次のようになります。

400-300+100(在庫)-100+100(新規仕入れ)=利益200万円

そうなんです。そんな勘違いをしていると、逆に利益が増えてしまうのです。そして、それに比例して税金も増えることになります。「仕入れは経費だろう!」と言っても、通じないのでご注意ください。

ネット販売成功事例パンフ無料配布中

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)