*

海外から販売したい?海外からのお問合わせが増加傾向

公開日: : 最終更新日:2017/08/26 ネットショップ運営, ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ

海外から日本に販売
副業をしたい人は国内外を問わず増えてきたような気がします。ここで言う海外の人は、アメリカ、ドイツ、あるいは中東、アフリカなど世界各地に在住している日本人の方々です。

現地駐在員の家族の方なのか、あるいは、海外で結婚してそちらに住んでいる人なのか、はたまた、ワーホリや語学留学で一時的に海外に住んでいる人なのか。詳しいところはわかりませんが、そういった日本人はたくさんいます。日本語や現地の言葉もできるので、副業や本業を兼ねて日本との橋渡しをしたいのでしょう。

たいそれたアドバイスはできないですが、どんなスタイルを選ぶかによってやるべきことは変わるかなぁと思います。今はいろんなスタイルがありますね。ぱっと思いつくものは、バイマ(BUYMA/アパレル系)などのパーソナルショッパーになって現地で商品を買い付けるような仕事です。

スタンダードなやり方は、現地からまずは商品情報のみを登録します。そして注文が入ったならそれを買い付けて日本に送るというやり方です。要するに在庫を持たないネットショップと同じですね。BUYMAはアパレル関係が中心ですが、国籍関係なく全世界にパーソナルショッパーはいるようです。

出品者は、商品が売れたときのみ商品代金の5.4%~7.56%の手数料を払うしくみです。だから、これくらいの手数料を上乗せして売れるような商品をセレクトしてくれば収入になるってしくみです。マーケットが何を欲しがっているかというが分かる人は稼げるでしょうね。

さて、2つ目は、同じみの現地からの直売です。ショップサーブのような日本のネット販売のシステムを借りれば、海外からでも普通にネット販売ができます。昔のように商品が届くか届かないかわからない。」といったことや、「何ヶ月もかかる」なんてこともなくなっています。

中国やヨーロッパから小物を買ったことがありますが、その時は送料無料だったので、安い配送方法で2週間くらいかかりましたが、FedExなどの国際宅配便などを使うと地域にもよりますが2、3日で届くこともあります。ただ、やはり送料に関しては、全世界一律500円とかは無理ですから、そこだけがネックですね。

3つ目はザ輸出ですね。「輸出するには何か資格とか許可とかいるの?」なんて思いますが、たいていの場合特にいらないんですよね。ただ、手続きが専門的なので、そこだけ専門業者(乙仲/フォーワーダー)に頼みます。ここがちゃんとした資格なりを持ってやっているので、自らが資格を取ってまでやるケースはほとんどないですね。

通常は、双方が一番儲かるのは輸出ではないでしょうか。ドカンと大量に送るので一個あたりの単価が安くなるのでその分利益も多くなります。先進国だと物価の差があまりないので輸入側がはあまりメリットを享受できないかもしれませんが、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)やを途上国や新興国からの輸出入はまだまだ未開拓ではないでしょうか。

ちなみに、日本で輸入する側の企業の実績はちゃんと調べたほうが良いです。せっかくのビジネスも一回ポッキリになってしまっては面白くないですからね。要するに販売力があるのかどうかといった点はチェックです。輸入の場合基本前払いなので取りっぱぐれ(貸倒引当金)はないです。

後は、その輸入側と輸出側の間を取り持つブローカーみたいな仕事もあります。紹介して間抜くだけなので額が大きければボロいですが。ま、お小遣い程度いいって場合は、BUYMAのようなCtoC&BtoC的なプラットフォームを使うか、自分でネットショップを立ち上げるかあたりですかねぇ。

※良い商材あればご紹介下さい。買いますよ~w



Adsense

関連記事

サブドメイン

サブドメインの移転とネームサーバの関係

サブドメインとは親ドメインに対する「子ドメイン」のような感じ。苗字が親ドメインで名前部分が「サブ」。

記事を読む

成功ショップに何があったのか

成功ショップに何があったのか・・・

ちょっと古いネットショップ専門誌を読んでいたらアジア雑貨のお店が成功事例として特集されていました

記事を読む

画像の切り抜き

画像の切り抜き方

AdobeのPHOTOSHOP(フォトショップ)など、写真編集のテクニックのひとつに「切り抜き」とい

記事を読む

no image

在庫を切らさないようにするには?

言い換えると「欠品を起こさない方法」。「在庫があったら売れるたのに・・・」という「売り逃し」のことを

記事を読む

Tシャツ販売

Tシャツ販売・・・そうは問屋が卸さない(ToT)

ドロップシッピング式のTシャツ販売サイトに、1つだけデザインを登録して2、3年放置していました。売れ

記事を読む

SSLいい加減

問い合わせフォームの非SSLはもはや常識か

ウェブサイトから個人情報やクレジットカード情報を送信する場合は、SSLという暗号化通信を使わないと、

記事を読む

卸契約

ネット卸販売契約書ひな形を作る前に考える

ネットで卸販売をする場合、心配になるのが取引先とのトラブルです。トラブルの代表例は「夜逃げや倒産など

記事を読む

baseアプリ

ベイス(base)はネット開業ASPの理想形

ショップサーブでお店を運営しながら、つい、使いにくい点に不満たらたらで、ブログにも「あんな機能とかこ

記事を読む

メルマガ

知らないうちにメルマガ送信機能が最強になっていた

「ショップサーブのメルマガ機能は使い物にならない!」と思って放置していたあなた!知らない間に、スゴイ

記事を読む

ヤフーショッピング出店失敗

ヤフーショッピング出店失敗は3タイプか

何をもって「失敗」とするのか?考えてみると3つくらいありそうです。 1.まったく売れなかった・

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そん

ネットショップ講座名古屋
ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」

現状維持
恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食

心理学
ネットショップ運営は心理学だ!?

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセー

ココナラ
副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑