*

海外から販売したい?海外からのお問合わせが増加傾向

公開日: : 最終更新日:2017/08/26 ネットショップ運営, ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ

海外から日本に販売
副業をしたい人は国内外を問わず増えてきたような気がします。ここで言う海外の人は、アメリカ、ドイツ、あるいは中東、アフリカなど世界各地に在住している日本人の方々です。

現地駐在員の家族の方なのか、あるいは、海外で結婚してそちらに住んでいる人なのか、はたまた、ワーホリや語学留学で一時的に海外に住んでいる人なのか。詳しいところはわかりませんが、そういった日本人はたくさんいます。日本語や現地の言葉もできるので、副業や本業を兼ねて日本との橋渡しをしたいのでしょう。

たいそれたアドバイスはできないですが、どんなスタイルを選ぶかによってやるべきことは変わるかなぁと思います。今はいろんなスタイルがありますね。ぱっと思いつくものは、バイマ(BUYMA/アパレル系)などのパーソナルショッパーになって現地で商品を買い付けるような仕事です。

スタンダードなやり方は、現地からまずは商品情報のみを登録します。そして注文が入ったならそれを買い付けて日本に送るというやり方です。要するに在庫を持たないネットショップと同じですね。BUYMAはアパレル関係が中心ですが、国籍関係なく全世界にパーソナルショッパーはいるようです。

出品者は、商品が売れたときのみ商品代金の5.4%~7.56%の手数料を払うしくみです。だから、これくらいの手数料を上乗せして売れるような商品をセレクトしてくれば収入になるってしくみです。マーケットが何を欲しがっているかというが分かる人は稼げるでしょうね。

さて、2つ目は、同じみの現地からの直売です。ショップサーブのような日本のネット販売のシステムを借りれば、海外からでも普通にネット販売ができます。昔のように商品が届くか届かないかわからない。」といったことや、「何ヶ月もかかる」なんてこともなくなっています。

中国やヨーロッパから小物を買ったことがありますが、その時は送料無料だったので、安い配送方法で2週間くらいかかりましたが、FedExなどの国際宅配便などを使うと地域にもよりますが2、3日で届くこともあります。ただ、やはり送料に関しては、全世界一律500円とかは無理ですから、そこだけがネックですね。

3つ目はザ輸出ですね。「輸出するには何か資格とか許可とかいるの?」なんて思いますが、たいていの場合特にいらないんですよね。ただ、手続きが専門的なので、そこだけ専門業者(乙仲/フォーワーダー)に頼みます。ここがちゃんとした資格なりを持ってやっているので、自らが資格を取ってまでやるケースはほとんどないですね。

通常は、双方が一番儲かるのは輸出ではないでしょうか。ドカンと大量に送るので一個あたりの単価が安くなるのでその分利益も多くなります。先進国だと物価の差があまりないので輸入側がはあまりメリットを享受できないかもしれませんが、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)やを途上国や新興国からの輸出入はまだまだ未開拓ではないでしょうか。

ちなみに、日本で輸入する側の企業の実績はちゃんと調べたほうが良いです。せっかくのビジネスも一回ポッキリになってしまっては面白くないですからね。要するに販売力があるのかどうかといった点はチェックです。輸入の場合基本前払いなので取りっぱぐれ(貸倒引当金)はないです。

後は、その輸入側と輸出側の間を取り持つブローカーみたいな仕事もあります。紹介して間抜くだけなので額が大きければボロいですが。ま、お小遣い程度いいって場合は、BUYMAのようなCtoC&BtoC的なプラットフォームを使うか、自分でネットショップを立ち上げるかあたりですかねぇ。

※良い商材あればご紹介下さい。買いますよ~w



Adsense

関連記事

好き嫌い

買うか買わないか、好きか?嫌いか?が基準

普段、友人などとの会話で、話題になっても良さそうですが、意外にそういった話題が出ないのが、この話。

記事を読む

記事ライター

ブログ記事ライターの募集がいっぱい

お仕事募集掲示板見るのが楽しいです。 それで気づいたことのひとつが「ライター募集」の多さ。

記事を読む

pla

業界人しか知らないネット広告に関するノウハウを一部放出(初心者向け)

秘匿性高いよ 知っている人には当たり前ですが、初心者層には秘匿性の高い情報です。できれば書きたくな

記事を読む

ポイントは誰のもの?

ヤフーショッピングのポイント負担、ポイント支払いなどについて

ヤフーショッピングに出店すると、店舗側の意思に関係なく、購入者にはTポイントを差し上げる必要がありま

記事を読む

アイデア

アイデアはすぐにドメインを取って形にしておく

ネットビジネス後発組は、SEOのスキルがないと検索上位への道はなかなか厳しいです。そこで、逆転の発想

記事を読む

激減

今後10年で激減する業種「経理担当」、激増する業種「ITコンサルタント」

2014年に、オックスフォード大学が、あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」というレポートを出し

記事を読む

質問ある?

「で働いてるけど質問ある」で勉強

いろいろな業種の人と知り合いたいとは思いますが、現実は、かなり限定的。そして、いざ知らない業界の人と

記事を読む

park.jp

集客方法がわからない、広告宣伝費もあまり出せない。

今回はこの質問。 集客方法わからい&広告費もだせないのだが。 同社の回答は次の通り。

記事を読む

no image

クーポンを活用してリピーター獲得大作戦

ショップサーブの便利な「クーポン発行機能」ですが、あまり活用できていないお店さんが多いようです。クー

記事を読む

勘違い

かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが、当時は「かっこいい。」と思っ

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑