*

卸をする場合の契約書はいるのか?

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 ネットショップの仕入れ, ネットショップ運営

「これまで小売のネットショップをやってきたが、オリジナル商品を作ったり輸入したので卸したい。」

「メーカー(商社)だが、ネットショップに商品を卸したい。」

そんな場合、契約書がいるのかどうか?

結論から言うと、契約書を作って卸契約を結ぶかどうかはアナタ次第です。作っても良いし、口約束やメールだけで取引を開始してもいいわけです。実際、小売業として問屋やメーカーから商品を仕入れる場合、契約書を結ぶことは少ないのではないでしょうか。

金額が大きいとか、取引先を限定するやり方をとっているとか、あるいは、契約書がない場合は、トラブルが高確率で発生するような業界とかでしょうか。一番のトラブルは、小売店が夜逃げして、掛売した商品の代金を回収できないパターンですね。掛売りとは、要するに後払いのことです。これが一番心配です。

でも、「卸した商品の代金が回収できないかも?」という不安のために、ガッチリ契約書を作ってしまうと、小売店にとっては、仕入れのハードルは高くなって躊躇します。管理人も以前、ある商品を仕入れようとしたら代理店に「保証金100万円が必要」と言われたことがあります。忘れましたが、ちゃんとした契約書もあったと思います。単価は安く、たいして売れない商品でしたし、何よりも掛け率が70%という高さだったので、あっさりあきらめました。

話は戻りますが、「未払い」の不安を解消して、かつ、小売店の仕入れハードルを下げるには、都度取引というか、注文毎に支払いをしてもらう方法が一番だと思います。ネット販売と同じです。入金後の発送です。

ネットショップでは、「1万円以上で送料無料」というのも多いですが、雑貨卸などは3万円あたりが基準になっていることが多いです。3万円未満の注文の場合は送料がかかるというやつです。ま、この方法も、仕入れる側が「掛売」が常識の世界の人だと取引が成立しないこともあります。

ちなみに、卸売りをする場合の簡易契約書という2008年の記事があるんですが、あらためて読んで、不親切すぎてワロタ、というやつです。この記事だけでは、まともな契約書なんて作れそうにないですね・・・

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

Tシャツ

Tシャツ作成代と送料が無料になる楽しい企画がスタート

BASE株式会社(東京都)が、楽しい企画を始めた模様。 Tシャツ作成アプリで作ったTシャツの原

記事を読む

no image

扱いやすい商材、扱いにくい商材

いくつかの商材を取り扱ってきましたが、最も、扱いにくいと思ったのが賞味期限、消費期限があるものです。

記事を読む

激減

今後10年で激減する業種「経理担当」、激増する業種「ITコンサルタント」

2014年に、オックスフォード大学が、あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」というレポートを出し

記事を読む

yahoo! shoppingのカートが優れている

yahoo! shoppingで買い物をしていて思うのは、「カートがいい」ということ。 見やす

記事を読む

no image

ウェブサイトを更新しないといけない理由(1)

「ホームページを作ったら毎日更新しましょう。」というのが、昔(2000年頃)のアクセスアップの金科玉

記事を読む

販売力

楽天出店ショップの商品ページの販売力に学ぶ

楽天に出店すると、出店料やロイヤリティーはもちろんのこと、CSVファイルのアップロードやダウンロード

記事を読む

モーダルウィンドウ

ページの移動なしその場で子ウィンドウを表示できる「モーダルウィンドウ」

modalは英語で「形式上の」「形態上の」という意味ですが、modal window(モーダルウィン

記事を読む

ギフトショー

商材仕入れはギフトショーで

間もなく待ちに待ったギフトショーの季節です。福岡は6月に終わりましたが、最大の東京はまだです。チャン

記事を読む

動画で売上アップ

使用例や使用感の動画満載で受注率アップ

少し前の日経MJに『パナソニックが新商品(衣類スチーマー)のマーケティングで動画を多用したところ、「

記事を読む

カウントダウン

通販会社スタッフに求められるスキル

「ウェブページが作れる」 「エクセル・ワードができる」 「フォトショップが使える」 「イラスト

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑