*

レスポンシブル・サイトとは

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 ウェブ・テクニック, 基礎知識やノウハウ

responsiveは「反応する」という意味の形容詞。「レスポンシブル・サイト」とは、「反応するサイト」ということですが、何に反応するかというと「端末の画面の大きさ」に反応。

現在、ネット端末は、パソコン、スマートフォン、タブレットのほかプレステなどもあります。これまでページを作る場合、それぞれ、違った端末の「画面用」に作っていたのですが、それでは手間が掛かり過ぎる、ということで、1ページだけを作って、自動的にサイズが合うようにしましょう、ということになったわけです。

「アメーバ的なページ」と言えばよいでしょうか。広い画面ならだら~っと広がって表示して、狭いページならきゅっと細身になって表示される、といった感じです。

仕組みは、ページを1枚作って、CSSで振り分け的なことをします。以前と違うのは、アクセス先のページを振り分けるのではなくて、使うレイアウトのCSSを振り分けるイメージです。だから、ページ用のHTMLファイルはひとつです。

アクセスされているのがiPhoneならiPhone用のレイアウトCSSを適用して、iPadならiPadに「最適」なレイアウトで表示するようにします。ただ、現段階では、これをやろうと思うとHTMLやCSSを熟知してないと難しいです。

そのうち、ネットショップ関係でも、このレスポンシブル・デザインの考えが採用されてくるとは思いますが、1、2年はかかるでしょうか。とりあえずは、スマホ用のページとPC用のページだけでなんとかなっているので、いらないと言えばいらないですが・・・

Adsense

関連記事

ドキドキ

真剣にネットショップ開業を目指す方のためのテキスト

ネットショップ能力認定機構という団体があって、そこが出版している公式テキストがオススメです。今すぐ開

記事を読む

ランディングページの作り方

ランディングページの作り方は2種類!?

ランディングページの作成で3時間格闘しました。 「ランディングページの作り方」と検索すると、い

記事を読む

乗り換え

カラーミーからショップサーブへ0円で引っ越し

「長年カラーミーでやってたけど、そろそろもっとスペックの高いショップサーブに乗り換えようかしら?」

記事を読む

苦戦

ヤフーショッピング出店で苦戦する人に共通する3つの特徴

無料ということで、喜んでヤフーショッピングに出店(プロフェッショナル)する人が増えたのですが、苦戦し

記事を読む

オプション

1商品にオプション10個まで設定可能

ある商品を購入するときに、カートボタンの上に「カラー」や「サイズ」を選べるやつ(プルダウン)がついて

記事を読む

baseアプリ

ベイス(base)はネット開業ASPの理想形

ショップサーブでお店を運営しながら、つい、使いにくい点に不満たらたらで、ブログにも「あんな機能とかこ

記事を読む

領収書発行について

銀行振込やクレジットカード決済後の領収書発行について

結論から言うと、銀行振込やカード決済での買い物は領収を発行してもらわなくてもOK。 と思うよ・

記事を読む

勘違い

かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが、当時は「かっこいい。」と思っ

記事を読む

接種理論

接種理論を商品説明に活かそう

いろいろな商材を販売してきましたが、「これは完璧!」という商品はないということを悟りました。

記事を読む

メルカリ3

メルカリ初心者が学んだ3つのこと

たまに使うメルカリについて学んだことが3つあったので記録しておきます。 いいねの意味が違う 不要

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そん

ネットショップ講座名古屋
ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」

現状維持
恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食

心理学
ネットショップ運営は心理学だ!?

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセー

ココナラ
副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑