*

「何でも屋」よりも「専門店」が成功しやすい5つの理由

公開日: : ネットビジネス

町の小さなスポーツ店がネットの人気店に

「専門店」が当たる典型例ですね。

ネットショップやるなら「何でも屋」よりも「専門店」。

これは昔から言われています。

「ペット専門店」というくくりではなく、「わんちゃんの洋服専門店」など、より細かいところでの専門化が良いとされています。上記のスポーツ店も、本来はスポーツ専門店」ですが、さらに、ジャージに焦点を当てて専門化したのが成功要因のひとつじゃないでしょうか。

そういった専門店が成功する理由を5つほど考えてみました。

1.検索に強くなる
2.おぼえてもらいやすい
3.ファンが付きやすい
4.お客様との距離が近い
5.在庫のコントロールがしやすい

やや無理矢理感がありますが(笑)

(1)もはや常識的なので省略したいところですが、文字通り、その分野での検索に強くなります。ネット販売のための第一関門が楽々クリアできる可能性大。

(2)「どこで買ったかな?」というときに、探す手がかりが「ペット用品店」となると、お店が多すぎて迷ってしまいますが、「犬の洋服店」となると、記憶に残りやすく探しやすくなります。(最近はペットの服屋さんも多そうですが、、)

(3)専門店の場合、店主の趣味やセンスなど、特定のコンセプトにもとづいて商品がセレクトされたり、作られていることが多いので、その趣味に共感するファンは固定客化しやすい。

(4)お客様との距離が近くなるのでダイレクトな声が聞ける。どんな商品を探しているのか、どんなサービスを求めているか、といったアイデアが得やすい。

(5)何から何までという何でも屋に比べると、はるかにアイテム数が絞られているので、何が売れて何が不要かというのが把握しやすく、販売機会の損失も避けやすい。

ただ、ネット上、「その専門店」が多数あると埋没して存在感がなくなってしまうので、専門店をやるなら、「その専門店」が0店~5店くらいのときに参入するのが望ましいでしょう。

Adsense

関連記事

トップセラー

最大の悩みは集客。それを解決する方法はこれ。

このネタを公開して良いものか・・・ 読んでわかる方のみご活用くださいw 新規参入ネットシ

記事を読む

ネッシー

やっぱネーミングは「ネッシー」ですよね~

少し前にお知らせメールが来て気になってました。 株式会社ディー・エヌ・エーが運営する、BtoB

記事を読む

TPPに注目

TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。」なんて思い込んでる人もいるか

記事を読む

記事ライター

副業記事ライターが知るべきの3つの知識

ネットには色んな仕事があって、その中の内職的仕事のひとつが記事ライター。ブログやサイトの記事を書いて

記事を読む

ROE

「とは」で検索して「とは」について考えたSEO

ネットショップ運営者に取って「検索」は、ショップ運営する上での呼吸のようなものです。ほぼ毎日欠かさず

記事を読む

在庫ない

在庫のない商品を販売するネットショップ

通販ショップで、すぐに欲しい商品を注文したら「品切れ」って。 困った・・・ 消費者として

記事を読む

システム・インテグレーター

今後有望な業種のひとつはシステム・インテグレーター(SIer)!?

ネットショップを開業して運営していて、つくづく思うのは、中小企業のIT化のド時代遅れです。FAX

記事を読む

関係

ネットショップと店長ブログの関係は?

「ネットショップと店長ブログの関係は?」と、なかなか難しい質問。 とても親密です・・・

記事を読む

やっぱりネットビジネス

やっぱりネットビジネスが楽しい

新しくドメインをとってウェブサイトを構築する準備中。今回は、ネットショップではなくネットビジネス。こ

記事を読む

記事ライター

ブログ記事ライターの募集がいっぱい

お仕事募集掲示板見るのが楽しいです。 それで気づいたことのひとつが「ライター募集」の多さ。

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑