*

「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

公開日: : 最終更新日:2018/06/12 ネットショップ運営, ネットビジネス

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言います。まさに、それを象徴するような話がありました。

時は遡り2007年。ブランド洋服をネット販売するアラフォーのAさんは、あることに悩んでいました。

「売り上げもっとあげたい。」
「もっと注文数増やしたい。」
「もっと成約率あげたい。」

頭の毛が抜けるほど苦しんでいた時に出会ったのが、「キャッチコピーで売り上げあげます。」的なコンサルのウェブサイト。

「これだ!」と思って、そのコンサルの門を叩きます。

「愛知県で、かくかくしかじかのネットショップをやっています。御社のキャッチコピーサービスに興味がありメールさせていただきました。当店はhttp://*****.comです。いかほどで効果的なキャッチコピーを作ってくれますでしょうか?」

5万円とか10万円程度なら喜こんで出すつもりです。いや、売り上げが10%でも上がるなら、もうちょっと頑張って30万は出そう。そんなことを考えているうちに、コンサルからお返事が返ってきました。

「お見積もりは〇〇円でございます。」といった内容を想像していましたが、返事の内容は意外なものでした。

「御社のサイトの場合、キャッチコピーだけを変えても、効果はほとんどないでしょう。ページレイアウトやデザイン、カートへの誘導から購入への導線など、総合的に再構築をしないと売り上げアップは難しいと考えます。それらを含めてご協力させて頂くことは可能です。」

だよね~

実は、自分の販売サイト、キャッチコピーや文章、ユーザビリティーやユーザーインターフェイスがよろしくない構成になっているのは薄々感じていたんですが、そんなところは見て見ぬふりをして「キャッチコピーだけで、インスタントに売り上げが上がれば!」と安易に他力本願を選んだわけです。

しかし、そこは問屋が卸すわけもなく。

見る目あるコンサル会社です。そこは、ビシっと本質をついてきます。

「サイト全体も構造改革ともなれば、30万では済まなさそう・・・」と、あっさり、あきらめたのでした。

その後ダメサイトを放置しつつ、売上は下降の一途です。いよいよヤバイという状況に焦って、独学でキャッチコピーやデザイン、導線などを研究し、自ら販売サイトを再構築することにしました。2015年のことです。悩んだ時期から実に8年も経ってしまいました。

で、結果は?というと、残念ながら、すでに商品の、「市場でのライフサイクル」が「衰退期」入っていたため、サイトを改善しようが、斬新なキャッチコピーを作ろうが、広告費を投入しようが、売り上げが劇的に上がることはなかったのです。

一言で言うと、時すでに遅し。

「鉄は熱いうちに打て。」というように、タイミングやチャンスをしっかりつかめるかどうかは、ECサイト運営者のビジネスセンスにかかってますね。のほほ~ん、としてるのんびり屋さんタイプは注意したい教訓ですね。



Adsense

関連記事

本店サイト

御社本店ネットショップは伸びてますか?意外なほどやっていない事がたくさんありますよ!

ネット通販事業として最初に公開したのが楽天。同時に「rakuten.co.jp」のつかない本店サイト

記事を読む

動画埋め込む

一番簡単な動画貼り付け方法

ショップサーブの商品ページへ動画を貼り付ける方法で、もっとも簡単なのはyoutubeを使う方法。手順

記事を読む

mumuドメイン

独自ドメインをとった後はどうするの?

ドメインはインターネット上の住所ですが、現実社会の土地に相当するのがサーバーです。サーバーを借りずに

記事を読む

楽天決済

裏から見る開業サービスの選び方

ネット販売を始めようと思うと、いくつか選択肢があります。 (1) ショッピングモールに出店する

記事を読む

信頼できる情報源

信頼できる情報ソースを集めよう

どんな情報でも引き出せるネットですが、ショップ運営者が情報扱うためには、それなりに慎重になりたいと思

記事を読む

no image

利益が出すぎた。節税どうすれば良い?

今年もやってきました。確定申告です。 日々の記帳を怠っていたツケに頭を悩ませる時期です。毎年の

記事を読む

グランプリ受賞

ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでもなんでもないです(笑)。受賞の

記事を読む

フリーランスの自己ブランディング

超キケン「自己ブランディング」なしのフリーランス起業

その投稿が命取り たまたま周りにフリーランスの人が何人かいます。フリーランスとは、個人で活躍してい

記事を読む

勘違い

かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが、当時は「かっこいい。」と思っ

記事を読む

ルナスケープ

Lunascape(ルナスケープ)

Lunascape(ルナスケープ)とは、Chromeやインターネット・エクスプローラーなどと同じ、イ

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑