*

裏ワザ?ネットショップのお仕事裏の事情

海外から商品が入ってくる以前に、その商品を海外で見つけるというステップがあります。海外にも色んな商品があるので、社長や担当者が「この商品が売れる」と見込んで引いてくるわけです。

ここで重要になるのは目利きですね。彼らが海外で見つけた、こんな商品やあんな商品。売れる場合もあれば、売れない場合もある。輸入商社もハズレを輸入してしまって大量の在庫を抱えてしまうのは避けたいので、できるだけ売れそうなものをセレクトしたい。

海外製品が日本に入ってきときは商品名は当然英語やその国の言葉です。これをカタカナに変換して商品名らしくなる場合は特に困らないけど、カタカナにしてもよくわからない商品があるんですよね。実店舗販売なら商品名が何であれ、見て触って気に入れば買ってくれるの品名はさほど問題にはなりませn。ネット販売も、基本的に写真とテキストで説明します。触れないけど、写真と文字情報があれば、どんなものかわかります。

ただ、問題はそこではなくて、商社が引いてきた売れるか売れないかわからない新商品を、果たして探している人がいるのかどうかという点。販売店としても、新商品が売れるかどうかなんてわからないので、簡単に買い取りで仕入れるわけにはいかない。

商品ページは作りますが、商品名がワケガワカラナイので、これでは集客力が心もとない。とい言うか、日本に初めて入ってきた商品ですから、探している人はほとんどいない状況です。

そこで、ブログの活躍。新商品が入った記事を書くだけ。店長ブログの書き方テクニックのひとつですね。でも、その時のブログタイトルや本文の書き方が重要。その商品を探している人が検索しそうな言葉を使ってタイトルを作ります。目安は32文字以内。キーワードの羅列ではなく、意味をなすトピックを書きます。本文もいわゆるSEOを意識した文章。

そして、このブログ記事はオーガニック検索(自然検索)の重要な(LP)ランディングページになるので、商品ページへのリンクを記事内に埋め込んでおきます。できれば、カートボタンも設置しておきたいですが、こういった記事は頻繁に書くので、細かい作業をやってると時間がとても足りないので、タイトル、本文、リンクの1セットで完了。後は、想定したキーワードで検索してきたお客様からの注文が入るのを寝て待つ。在庫は抱えず注文が入ってから仕入先に発注。

これが目利きできない(売れるかどうかわからない)新商品をリスクなく販売する方法。他の同業ショップがやってるかどうかは知りませんが。ただ、「やった!注文が入った!」と思ってメーカーに発注すると、すでに完売、とか廃番とか、そういうことも多々あります。店長ブログも費用対効果を考えないといけないですね。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

EC CUBE HETEML

EC CUBEを使う場合の注意点(共用SSL)

「EC CUBEを使ってお店を作りたい。お店サイトは独自ドメインで、カード部分は共用SSLを使いたい

記事を読む

no image

ネットショップとしてオリンピック特需にあやかる方法を考えよう

「オリンピック特需」を英語で言うと「Olympic special demand」とそのままです

記事を読む

no image

ショップ運営者はリアルでお勉強を

物販ショップを運営しているなら、定期的に実店舗店に足を運んでいろんな実物の商品を見たほうが良いですね

記事を読む

自販機的メーカー

自販機的メーカー

自販機メーカーじゃないですよ。 「自販機的」です。 自販機に対して、いくらお金をつぎ込も

記事を読む

夏商材、夏商戦

イベントカレンダーをチェックして夏に売れる商材の準備をしよう

6月と言えば梅雨。梅雨に売れる商材は、傘やカッパに始まり除湿機などもありそうです。それくらいしか

記事を読む

公開される

ネットショップ開業運営ノウハウすべてネットに公開される

日本にインターネットがやってきて20年です。ネットショップもほぼそれくらいの歴史になります。開業や運

記事を読む

カラーミー

ハンドメイドで単価が安く商品数が少ない場合(50点程度まで?)の開業サービスの選択

ハンドメイドの商品を作っている人。ネット販売ではなく、リアル中心で営業をしている。商品単価は100円

記事を読む

ガチT

粗利益の計算方法について

簿記の「ぼ」の字もわかってないころは、普通に「仕入れを増やせば経費が増える」と思い込んでいました。今

記事を読む

リスクヘッジ

大規模通信障害に対するリスクヘッジ?

「リスクヘッジ(Risk Hedge)」とは、起こりうる危険(リスク)の防止策、回避(Hedge)と

記事を読む

LPO

プロとしてLP(ランディングページ)の制作を請け負うなら

「LP作成の仕事を取ったのだが、クライアントは『送信フォームも埋め込んで欲しい』と言う。これは、PH

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑