*

バレンタイン商戦のブレイクスルーに学ぶ

公開日: : 最終更新日:2018/02/05 ECニュース, ネーミング・キャッチコピー, マーケティング

いよいよ今月の一大イベントのバレンタインデーです。バレンタインと言えば、昔は「女性が好きな男性にチョコをプレゼントすることで告白する」という意味合いが強かった印象です。

つまり、本命マーケットのほうがが大きかったように感じます(子供の頃の印象)。でも、現在では、本命10%に対して義理90%というような市場の割合ではないでしょうか(勝手なイメージ)。

義理チョコと言えば、2014年にニュースにもなった「ブラックサンダー(有楽製菓)」ですね。1個30円程度の駄菓子ジャンルゆえ、これまでバレンタイン商戦に参戦できなかったのがお悩みだったそうです。

それが、逆転の発想で、名キャッチコピー「ひと目で義理と分かるチョコ」とともに売り出したところ、東京駅の地下街にオープンした義理チョコ専門店では、期間中に限定品が3万5千個もバカ売れしてしまったそうです。

業界がレッドオーシャン(競争が激しい状態)になっている中、切り口を変えるだけでブルーオーシャン(競争相手がほとんどいない状態)を作ってしまった事例としては非常に参考になりますね。

一体だれが、この「義理チョコ」専門の切り口を思いついたんでしょう?オズボーンのチェックリストで言うなら「逆にしてみてはどうか?」に該当しそうです。

業界のベクトルが軒並み本命に向いている中、「あえて逆」を向いてしまうというのは、チェックリストを眺めていたら普通に思い浮かびそうですが、そうはいかないところがおもしろいですね。

さて、「へぇ~」と関心している場合ではないのがネットショップ運営者です。この有楽製菓のブレイクスルーを参考事例にして自店もブレイクスルーしたいところです。

当店でも、安価な商品に押されて、ここ10年売り上げが落ちてきているジャンルがあるんです。消費者のブランド志向が弱まっているのが主要な要因と思われますが何とかしたいと思っています。

オズボーンのチェックリストの「他に使い道はないか?」や「他からアイデアが借りられないか?」「組み合わせてみてたらどうか?」あたりを中心に模索中でしたが、手始めに他からアイデアをパクった戦略を進行中です。

そのアイデアというのが、スーツ販売で有名なチェーン店Aの販売テクニック「2着目半額」というやつです。例えば5万円のスーツを買って、もう一着同じ価格のスーツを買うと25,000円です。これかなりインパクトがあって、すごいお得感ありません?

当店の使っている通販システムのショップサーブも、以前は「2店舗目は半額」的なキャンペーンをやっていて、喜んで借りたのですが、今はやっていないんですよね。需要にマッチしないと判断したのだとは思いますが、潜在需要はそれなりにあると思いますけど、どうでしょう?他社もやってませんし、復活させてみてはどうか?




参考
http://toyokeizai.net/articles/-/29817?page=2

Adsense

関連記事

イギリスの高校

イギリスの高校をヒントに売上アップ

イギリスのハイスクールでは、学生の学習スタイルを3つに分けて教育が行われているそうな。つまり、人の学

記事を読む

生き残り

WEB制作業が生き残る方法はあるのか

今から15年前の2000年あたりでしょうか。HP制作業が一番儲かった時期は。その後、「猫も杓子もホー

記事を読む

ジェネレーション

どの世代をターゲットに書くか、売るか

ショップサーブで運営中のお店の商品ページを作るときに、気をつけるべき点は「誰に向けて書くか?」という

記事を読む

ハッシュタグとは

ハッシュダグとは

SNSが盛んになっているにもかかわらず、あまり活用していないのもあって「ハッシュタグ」の意味がいまひ

記事を読む

トップセラー

最大の悩みは集客。それを解決する方法はこれ。

このネタを公開して良いものか・・・ 読んでわかる方のみご活用くださいw 新規参入ネットシ

記事を読む

大きくしてみてはどうか

オズボーンのチェックリストNo.3「拡大」の事例

オズボーンのチェックリスト「大きくしてみたらどうか?(拡大)」「大きくしてみてらどうか。」以外で

記事を読む

レンタルサーバー

レンタルサーバーを開業したいという人に対して

「レンタルサーバーを開業したいのですが?」という人に対して、どういった返答、あるいは、アドバイスがで

記事を読む

初めてのメルカリ

初めてのメルカリショッピングで

ネットショップ運営者とは言え、EC業界人ですからね。EC業界のことは広く浅く知っておかねばなりませぬ

記事を読む

ネーミングの研究

ネーミングの研究

楽して儲けたいと思えば、ネーミング。いまひとつの商品でもネーミング次第でバカ売れ。とまでも行かないま

記事を読む

ネットショップ担当者フォーラム

運営者必須!ネットショップ担当者フォーラム記事から

つい反応してしまった記事。 https://netshop.impress.co.jp/nod

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑