ASP利用のデメリット

ASP-CGI

この記事は約2分で読むことができます。

ASPとはアプリケーション・サービス・プロバイダ。

ネットを通じて、仕組み(アプリケーション)を提供している企業のこと。

今借りているショップサーブもASPですが、この場合は、レンタルネットショップと言ったほうがわかりやすいですかね。ネットショップを貸し出す企業(企業名はEストアー、サービス名がショップサーブ)

気分転換で、いくつかのサイトを引っ越しさせているんですが、一般的なレンタルサーバーの引っ越しは楽でいいです。

ファイルを転送して、CGIなどを設置さえすれば、丸々移し替えることができますから。作業も1、2時間程度。

ウェブサイトを構成しているファイルやデータはすべて自分が所有していているので簡単です。

でも、ASPの引っ越しとなると、そうはいかないんですよね。

表から見えているショップページは難なく移し替えることができるんですが、カートの部分や受注システムなどは借り物なので、引っ越しするとなるともっていけません。

注文情報や顧客データはファイルで全部持って出ることができますが、それをそのまま別のASPに移植できるかというとNO・・・

だから、できることならショップサーブは引っ越ししないで済ませたい。

そのために、お願いしたいのは、「ユーザーに支持される企業であって欲しい。」という一点だけ。

システムが古いとか、テンプレートがイマイチとか、そういうのはいいんです。

それだけで嫌いになったりしないですから。

今となっては、どこのASPも機能面や料金面に大差なくなってきてますから、引っ越しの決め手は、感情面であったりすることが多いと思います。

ま、サポートなど社員さんなんか、すごくいい感じですから、余計な心配ですねw