商品代引の場合の振込先はどうなるの?

代引き振込み

この記事は約3分で読むことができます。

商品代引きを利用する場合は、ヤマト運輸や佐川急便と契約する必要があります。そして、回収された代金の振込み先は、こちらで自由に決めることができます。

通常は、月単位でまとめて振り込まれます。例えば、5000円の代引きが月間10件あった場合、回収代金は5万円です。この代金が振り込まれるわけですが、その際、振り込み手数料が引かれます。安ければ400円程度ですが、運送会社の利用する銀行によって多少違う場合もあります。

郵便代引きも契約(日本郵便株式会社と)して使う場合は、ヤマト運輸や佐川などのように、月単位で回収代金を振り込みしてくれるサービスがありますが、何の契約もなく、郵便代引きを使った場合は、ゆうちょ銀行の口座か、郵便振替口座が振込先になります。

それで、注意しないといけないのは、契約なしで郵便の代引きを利用すると、注文毎に振込みが行われてしまう点です。5000円の代引きを10件、契約なしで送った場合、10回の振込みということになります。一番安い手数料で130円(配達日の3~4日後の振込み)なので1,300円のコストがかかってしまうことになります。月間5件程度なら650円で済みます。継続的に商品代引きを使う場合は、契約をしておいたほうが良いでしょう。

ちなみに、郵便代引きの代引き手数料は260円でかなり安いです。Tシャツなど、5万円未満で、小型で軽量のものは、定形外郵便の代引きを使えば、送料のコストはかなり安くなります。

例えば、3000円のTシャツを送った場合:

Tシャツ:3000円
郵便料金:250円(250gまで)
代引手数料:260円
回収代金振込み手数料:130円
=========================
3640円

回収代金の振り込み手数料をお客様の負担にするか、こちらで負担するかはお店の判断です。