*

ショップサーブがレスポンシブ・デザインに対応していない常識的な3つのワケ

公開日: : 最終更新日:2018/09/24 ウェブ・テクニック, ショップサーブ, ショップサーブ・カスタマイズ

この記事は約5分で読むことができます。

レスポンシブ・デザインに対応しない理由

レスポンシブWEBデザインとは、1つのページを作るだけで「PC」ページも「スマホページ」にも対応できるしくみのことです。スマホでアクセスされたなら、自動的にページのレイアウトを変え見やすいように表示してくれます。

一見、最新で、優秀で、便利な機能に思えますが、ECサイトの場合は、必ずしもレスポンシブ・デザインが良いとは限らないんですよね。というか、もっというと、ECサイトでレスポンシブ・デザインは、かえって面倒くさく、やりづらい。というのが本音です。

レブポンシブ・デザインはブログメディアやニュースサイトなど、読み物的なサイトは向いているけど、ECサイトにおいて、その1ページで売上がつくれるかどうか?という商品ページやランディングページ(LP)に、レスポンシブ・デザインを適用してしまうのは「違う」と思います。

「ECサイトがレスポンシブ・デザインにしてはいけない3つの理由」とてもしましょう。

理由1 スマホサイトを考えながらデザインするのは超絶に面倒くさい

PCサイト用に商品ページを作りながら、「これがスマホサイトではどのように表示されるのか?それが、果たしてユーザーにとって見やすいかどうか?」ということを考えながら、文章やクリエイティブ(画像やイラスト、バナーなど)を設計するのは、ハッキリ言って無理です。

どちらでも見やすいなんてモノを考えるだけで日が暮れそうです。そこは、PCページをスマホサイトを分けて考えれば、なんのストレスもなく考えられます。

例えば、ページのアイキャッチ。次の「カートの使い方」という画像を、「スマホでも見やすいよう」作ったものです。

headerサンプル

確かにスマホでは見やすいです。でも、PCページではどうかというと、見やすいですw。でも、そこまでドカーンと見せる必要はなく、ファーストビューの大半を占拠して、むしろ無駄にでかくなってしまいます。

この例は、文字も画像もシンプルですが、何かを解説するイラストとなると、文字も小さくなりますから、「この画像では、どの程度の文字の大きさまでが、スマホでも認識かのうなのか?」なんて、いちいちテストする必要が出てきます。

このように、レスポンシブでやっていこうと思うと、「スマホに合わせれば、PCで無駄に・・・となったり、PCを意識するとスマホ画面では見づらい・・・なんて、状況が頻繁に発生してしまいます。それを、「どちらにも合うように」なんて考えて、思考錯誤していたら、あっという間に一日が終わってしまうわけです。

インフォグラフィック

どうでしょうか。これくらいならスマホでもなんとか読めるかどうか・・・

理由2 「そもそも」PCユーザーとスマホユーザーの質が違う

一言で言うと、PCユーザーは「じっくり」、スマホユーザーは「あっさり」です。

PCでサイトを閲覧しているユーザーは基本「座っている」ことが多いので、画面の情報をじっくり読みます。だから、多少情報量が多くても、興味のある人なら、じっくり隅々まで確認します。

一方、スマホユーザーは、通勤中やランチ中、トイレの中など、かりそめの時間つぶしにスマホを使うのが基本と考えて良いでしょう。そんなユーザーにたいして、じっくり読み込まないと理解できないようなコンテンツを表示してしまっては逆効果です。

トイレスタートからトイレフィニッシュの刹那の時間に「なんだ!そうだったのか!これは買いだ。」、「ポチ!」っとやってもらうのが、スマホサイト設計する者に対する至上命令ではないでしょうか。

理由3 知らないユーザーの制作代行で儲けるため

まぁ、3つ目はオマケですが、「レスポンシブWEBデザインこそすべてた!」と信じて疑わないユーザーのために、別途制作代行(別料金)があるよ、という選択肢を残すためです。

おそらく、ECサイトの9割以上は、レスポンシブはいらないと思います。もちろん、サブディレクトリで運営するブログなどは別ですよ。「商品ページ」にレスポンシブは基本いらないケースがほとんどだと思います。

PCページはPCページの設計で。スマホページはスマホページで設計しましょう。

これが一番楽だと思います。はい。

 




Adsense

関連記事

売れない理由

ショップサーブで売れない場合の3つのチェックポイント

「ショップサーブ 売れない」という検索ワードがほぼ定番化してしまいました。おそらく、「ショップサーブ

記事を読む

公開される

ネットショップ開業運営ノウハウすべてネットに公開される

日本にインターネットがやってきて20年です。ネットショップもほぼそれくらいの歴史になります。開業や運

記事を読む

認知的不協和

トップセラーに認知的不協和が使える商品はあるか

最強ネット仕入れのトップセラー(Top Seller)by もしもの商品を見ながら認知的不協和を起こ

記事を読む

スマホだけで開店

スマホだけでネットショップが開店できるようになった

スマホやタブレットが普及し始めたころから、「タブレットだけでネットショップが開業できますか?」なんて

記事を読む

pla

業界人しか知らないネット広告に関するノウハウを一部放出(初心者向け)

秘匿性高いよ 知っている人には当たり前ですが、初心者層には秘匿性の高い情報です。できれば書きたくな

記事を読む

サイト廃止も想定してサーバーを選ぶ

「ネットショップ向け写真撮影の代行をやっています。よろしければご紹介ください。」的なメールをたまたま

記事を読む

yahoo! shoppingのカートが優れている

yahoo! shoppingで買い物をしていて思うのは、「カートがいい」ということ。 見やす

記事を読む

メルマガ

知らないうちにメルマガ送信機能が最強になっていた

「ショップサーブのメルマガ機能は使い物にならない!」と思って放置していたあなた!知らない間に、スゴイ

記事を読む

女性ショップ店長交流会

E社さんも「女性ショップ店長限定交流会」を!

カラーミーでお店を出すと、定期的にニュースレターが届きます。ほとんど、読んでいないのですが、今回目に

記事を読む

コンバーター

楽天・yahoo shopping・ショップサーブコンバーター

コンバーターとは変換器のこと。例えば、「楽天からヤフーに引っ越ししたい」という場合、トラックに荷物を

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
ランディングページに向く商品、向かない商品

世の中いろいろな商品やサービスがありますが、ランディングページの販売ス

メインディッシュ
情報商材最新の販売手法「いきなりメインディッシュ法」

たまにフェイスブックを開くと、どういうわけか?情報商材の広告が

no image
コンバージョン率が高い!?良くできたランディングページを集めました

「ランディングページ集めました。」というサイトは非常にありがたいです。

損失回避の法則
ベネフィットは損失回避の法則とセットで使うのが良さそう

ランディングページに、ベネフィットは付き物ですが、実はベネフィットだけ

集客
「集客方法教えて!」と悩んだときのチェックポイント3

起業して「何が一番難しいか?」って言うと集客ですよね。 「お客さ

→もっと見る

PAGE TOP ↑