企業の通販部門は急がば回らない。その道のプロを頼ってショートカットを。

ショートカット

この記事は約4分で読むことができます。

趣味で習い事をしている人も多いと思いますが、何かを始めるときに「その道のプロや先生から学ぶ」というのはよくあります。「習う」と言えば、そもそも小学校のときから先生から習っているわけですから、ほとんどの日本人はこのスタイルに慣れているはずです。

ところが、ネットショップの開店となると、「自力でなんとかしよう」と思ってしまう人がまだまだ多いです。そのこと自体は悪いことではないですが、なんでもっと楽をしようと思わないのかしら?って思います。

20年前にネットショップを始める場合、教えてくれる人がいなかったので独学が基本でしたが、今は、10年、20年前にネットショップを始めてノウハウを蓄積して教えてくれる先生や企業があるのに、なぜそーいうところから学ぼうと思わないのかちょっと不思議です。

個人で始める場合は、独学で進めるのも楽しみのひとつですが、これが企業の担当者となると話は違ってきます。予算や期限など無制限に与えられるわけではないので結果を出さないことには、仕事をしたことにはならないのではないでしょうか。

短期間で結果を出すには、プロに習ったり、頼れるところはプロに頼ったりするのが基本的なやり方でしょう。

例えば、マーケティングに関して。ネットショップに限らず、美容室やエステサロンなど、「ネットを活用した集客をしたい。」と思った場合、ちょっとITが得意なオーナーなら、関連の書籍やネット情報で勉強してそれなりの事はできますが、しょせん初心者レベルです。

広告を出して、その結果を吟味して改善していく。いわゆる、PDCAサイクルで業務を進めるに至る人はほとんどいないです。PDCAはPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって業務を継続的に改善するフレームワークです。

プロはこの辺をしっかり実践して、最少コストで最大のパフォーマンスを出せるよう日々切磋琢磨しています。本業が美容師の人が、広告のプロに勝てるわけがないんですよね。だから、美容師ならその本業に集中してネット広告はプロに頼む。これが近道ですね。

なぜか話が美容師にずれてしまっけど、企業のネットショップの話でした(笑)

「楽天に出店していて、(一応)本店サイトも持っている。しかし、本店サイトは放置状態。なんとか本店サイトも活用したい。」こんな企業さんもたくさんいるんですよね。

極端な言い方をすると、楽天は集客力があるから出店するだけで商品は売れるわけですが、本店サイトは、ノウハウを持っていしっかり運営していかないと1円にもなりません。それを楽天運営のノウハウだけを持って本店を動かそうと思っても無理な話なんです。

そこは本店運営ノウハウを豊富に持っているマーケティングのプロであるEストアーなどを頼れば、ショップの構築から集客まで面倒を見てくれます。業種や商材にもよりますが、仮死状態の本店サイトを見事に繁盛店に導いてくれることも多々あります。最近はリスティング広告の運用やFACEBOOK広告の運用で実績をあげています。