*

企業の通販部門は急がば回らない。その道のプロを頼ってショートカットを。

公開日: : 最終更新日:2017/12/10 ショップサーブ, ネットビジネス, マーケティング

この記事は約4分で読むことができます。

趣味で習い事をしている人も多いと思いますが、何かを始めるときに「その道のプロや先生から学ぶ」というのはよくあります。「習う」と言えば、そもそも小学校のときから先生から習っているわけですから、ほとんどの日本人はこのスタイルに慣れているはずです。

ところが、ネットショップの開店となると、「自力でなんとかしよう」と思ってしまう人がまだまだ多いです。そのこと自体は悪いことではないですが、なんでもっと楽をしようと思わないのかしら?って思います。

20年前にネットショップを始める場合、教えてくれる人がいなかったので独学が基本でしたが、今は、10年、20年前にネットショップを始めてノウハウを蓄積して教えてくれる先生や企業があるのに、なぜそーいうところから学ぼうと思わないのかちょっと不思議です。

個人で始める場合は、独学で進めるのも楽しみのひとつですが、これが企業の担当者となると話は違ってきます。予算や期限など無制限に与えられるわけではないので結果を出さないことには、仕事をしたことにはならないのではないでしょうか。

短期間で結果を出すには、プロに習ったり、頼れるところはプロに頼ったりするのが基本的なやり方でしょう。

例えば、マーケティングに関して。ネットショップに限らず、美容室やエステサロンなど、「ネットを活用した集客をしたい。」と思った場合、ちょっとITが得意なオーナーなら、関連の書籍やネット情報で勉強してそれなりの事はできますが、しょせん初心者レベルです。

広告を出して、その結果を吟味して改善していく。いわゆる、PDCAサイクルで業務を進めるに至る人はほとんどいないです。PDCAはPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって業務を継続的に改善するフレームワークです。

プロはこの辺をしっかり実践して、最少コストで最大のパフォーマンスを出せるよう日々切磋琢磨しています。本業が美容師の人が、広告のプロに勝てるわけがないんですよね。だから、美容師ならその本業に集中してネット広告はプロに頼む。これが近道ですね。

なぜか話が美容師にずれてしまっけど、企業のネットショップの話でした(笑)

「楽天に出店していて、(一応)本店サイトも持っている。しかし、本店サイトは放置状態。なんとか本店サイトも活用したい。」こんな企業さんもたくさんいるんですよね。

極端な言い方をすると、楽天は集客力があるから出店するだけで商品は売れるわけですが、本店サイトは、ノウハウを持っていしっかり運営していかないと1円にもなりません。それを楽天運営のノウハウだけを持って本店を動かそうと思っても無理な話なんです。

そこは本店運営ノウハウを豊富に持っているマーケティングのプロであるEストアーなどを頼れば、ショップの構築から集客まで面倒を見てくれます。業種や商材にもよりますが、仮死状態の本店サイトを見事に繁盛店に導いてくれることも多々あります。最近はリスティング広告の運用やFACEBOOK広告の運用で実績をあげています。



Adsense

関連記事

グーペ

純国産ホームページ作成サービス「goope(グーペ)」を使ってみたネット業界人としての感想

ネットショップ一筋20年、ネットショップの企画、構築、運営がメインなので、普通のホームページを作る機

記事を読む

チェックボタン

【要望】カート最終ページに規約に同意するチェック欄

ブログ引っ越し後、初のEストアーに要望シリーズ。 映画のチケットをネットで購入した時にある、最

記事を読む

トップセラー

最大の悩みは集客。それを解決する方法はこれ。

このネタを公開して良いものか・・・ 読んでわかる方のみご活用くださいw 新規参入ネットシ

記事を読む

過大評価で大失敗

過剰評価or過大評価で大失敗

4月からの人材採用を検討しているお店さんも多いかもしれません。 例えば、こんな話。 アル

記事を読む

no image

役に立つビジネス書籍の見分け方について

ついビジネス書に手が伸びるわけですが、かなりの確率でババを引いてしまいます。最終的にハズレを引いたの

記事を読む

Wixニュースレター

Wix.comのニュースレター送信機能をテストしてみた

メルマガ(ニュースレター)を送信する場合、昔はメルマガCGIを使っていましたが、現在はメール送信専用

記事を読む

仕入れメール

仕入れをお願いするビジネスメールの書き方

仕入れをお願いするこをと正式には「新規取引のお願い」と言います。だからと言って、ビジネス文章の文例な

記事を読む

no image

訪問キーワードを見てあれこれぐだぐだ

人生山あり谷ありとは言いますが、人生暇あり忙ありもアリじゃないでしょうか。すう「忙しい」と声に出して

記事を読む

転売ヤー

副業転売ヤーは競争激化、飽和市場なのかもしれない?

副業といえば「転売」や「電脳せどり」などが有名となりましたが、そういった言葉があまり知られていな

記事を読む

グラフ

今後伸びる商品、生き残る商品の切り口

これから伸びる商品、あるいは、生き残る商品の切り口のひとつは「日本製」「国産」ではないでしょうか。特

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑