トップセラー売れない?売れなくてもお得なメリットを享受する方法

トップセラー売れない

この記事は約6分で読むことができます。

相変わらず、トップセラー(topseller)人気ですね。

ただ、「売れない」と嘆く人も大量に発生している様子です。

これは、トップセラーだから売れないんじゃなくて、売る力がないから売れないだけ。

仕入先や商材の責任にするのは、お門違い。

実際、1人で月に4000万売っている人もいるワケですから。

売れないのは、あなたのスキルや力量に100%原因があります。

トップセラーの責任は0%。

夢を見過ぎないように

在庫を持たずしてネット販売ができる仕入れトップセラー。

サイトのどこを探しても「売れる商品満載」とか書いていないんですよね。

在庫リスクなし(ドロップシッピング)、発注簡単、アイテム25万点。

単に仕入れができるサイトです、というだけ。

ただ、「トップセラー」というネーミングが、素晴らしくもあり、紛らわしくもあり。

当店も、いろいろな仕入れルートがありますが、商品を選ぶのは自分ですから。

それが売れるか売れないかは自分の責任です。

不良品などがあれば、メーカーの責任になりますが、仕入れた後のお客さんへの販売、配送、対応は全部自己責任です。

在庫を持たなくて良い」というメリットはありますが、一般的な(がちの)ネット販売となんら変わらないので、ナメてかからないようにしたいですね。

金額的に失敗なら何が残る

「トップセラーで副業、副収入」

ここだけに焦点を当てて、チャレンジすると、1点も売れなかったときには楽天、いや、落胆しか残りません。

そんなチャレンジ方法は、あまりよろしくないですね。

「お金だけ出て行って何も残らなかった。」なんていうのは、魚介類レベルのIQの人がやる方法。

例え、収入が得られなくても、投資した時間が資産になるよう考えて取り組むと、より人間らしくなります。

以下に、意識すれば必ずあなたの資産やスキルになる、お約束の3点セットを提案しておきます。

販売サイト構築スキルを身に着ける

販売サイトに無料のBASE株式会社を使うのもひとつですが、あまりに簡単すぎます。

「baseが使えます。」と言っても就職口はありません。

特別手当もつきません。

それくらい、ネットド素人でもかんたんに販売サイトが作れるのがbase。

つまり、販売サイトの構築スキルは残らない。

ここはひとつ、サーバーを借りて、ワードプレス+WooCommerceで販売サイトを構築してください。

そうすることで、レンタルサーバーを扱うスキル、ワードプレスを扱うスキル、さらに通販システムWooCommerceを扱うスキルが身に付きます。

これができれば、通販サイトの立ち上げの仕事が受けられます。

クリエイティブ作成スキル

クリエイティブとは、簡単に言えばバナーです。

次の画像のようなやつ・・・

バナー

これ、ちょっとセンスのないダサい例ですが、このような画像やイラストを作れるスキルを身につけましょう。

本格的にやる人は、イラストレーターなどの高額なパソコンアプリを作りますが、そこまでやる必要はないと思います。

canvaなど、オンライン無料サービスで十分です。

きれいで美しいバナーやクリエイティブを目指しちゃだめですよ。

販売のためのクリエイティブなんで、売るためのクリエイティブ、また、手短に情報が伝えられるクリエイティブ、といった感じです。

広告の実力をつける

3点セットの最後は広告スキル。

昔は、「ホームページを公開するだけ」で儲かった時代もありましたが、遠い過去のお話です。

今は、広告の知識やスキルを駆使して販売していくのがEC業界です。

通販サイトの基本構築スキルは、数か月でそこそこ身につくでしょう。

クリエイティブの作成も数か月で、適度な実力が付きます。

でも、広告のスキルは1年くらいみっちりやらないと、なかなか技術として身に付きません。

というのも、身に着けるべき知識が広範囲だから。

独学でも良いですが、デジプロなど、体系的にWEB広告を教えてくれるスクールがあるので、そこで基本を学ぶのも良いでしょう。

ちなみに、WEB広告の知識とスキルをしっかり身に着けたら、ハッキリ言って商材関係なく、何でも売れるようになります。

商材を見た時に、どんな切り口で売っていけばよいかわかるようになります。

そうなると、もう「トップセラー」とか、眼中になくなるかもしれませんよ。

お金や時間の有意義に使い方をしたいものですね。

良い投資をするか悪い投資をするか、それもあなた次第。