*

ネットショップは絶対に作るな!(最新版)

公開日: : 最終更新日:2018/07/11 ネットショップの作り方, 基礎知識やノウハウ

この記事は約6分で読むことができます。

ネットショップ開業ネットショップの仕入れネットショップ運営

過去ブログで一番人気記事をリライトしました。旧ブログはスマホに対応していないので、ここにあらためて「作ってはいけない」とは、一体どーいうことなのか?について記しておきます。ネット販売関係に無知な人を想定しています。

この業界を詳しく知らない人は「ネットショップ(ECサイトとも言う)はどうやって作るんだろう?」って疑問を持ちます。

きわめて素朴な疑問なので、そのように思うのはごく自然なことです。そこで、誰もがいろいろ検索するとは思いますが、ヒットした情報は多すぎるし、内容もまちまち、「結局何が良いのかワケがわからなくなる」という状態になっていると思います。

ま、それもよくあることです。

さて、ネットショップを開店する方法は3つあります。

(1)自分で作る
(2)買う
(3)借りる

自分で作る

プログラマー
文字通り作る方法があります。通販サイトを作るためにはプログラミングの基礎から学び、プログラマーやWEBクリエーター(WEBデザイナー)となってネットショップを構築(こうちく)していきます。

洋服で例えると服を縫製する人です。作ることが仕事です。洋服を「販売する人」とは、まったく別の業種だということがわかると思います。(ネットショップの場合「作る人」と「販売する人」を混同している人が多い)

大昔は、既製服がなかったので自分で作る以外なかったわけです。「服が欲しい」と思ったら、生地屋で布を買ってきてデザインをしてパターンをおこして、自分でミシンを使って作っていたわけです。

今も、作ることが好きで自分で洋服を製作する人もいます。でも、ごくごく少数派ですよね。あなたの周りにも、家を作ったりバイクを自作したたり、DIYで家具を作るような人がいるかもしれません。

「ものづくり日本」と言われるだけあって作ることに喜びを感じる人もいるのも確かです。個人的にも、以前は作ることに興味があって取り組んでいましたが、第一にモノを売るための方法を学んだり、他にやりたいことがたくさん出てきたのであきらめました。

 

買う

資本力のある企業

ネットショップを買う方法もあります。専門の業者(ウェブアプリ開発企業やホームページ制作業者)に依頼して作ってもらいます。そして、それを買い取ります。内容にもよりますが50万円~数千万円までです。正直、これもあまり一般的ではないです。何百万、何千万と資金に余裕があってオリジナルのサイトを作りたい企業は、この手法をとる場合もあります。

また、ホームページ制作業者に依頼する場合、ネットショップの機能について事細かく指示を出す仕様書を用意する必要があります。仕様書を作るためには、そもそもネットショップのシステムについて熟知していたり、業者に対して適切な指示が出せたりするスキルも必要です。

 

借りる

借りる人
ネットショップを始める場合は、「通販のシステム」を借りるのが正解です。通販サイトを始めるなら通販ウェブアプリを借りるのが正しい選択です。メルカリを始めるときにメルカリアプリをインストールするのと同じ感覚です。

「不用品を売りたい!」と思ったときに「アプリを作る」なんて発想はしないですよね。

「ネット販売をはじめたい!」」と思ったときに「ネットショップを作る」というのも、トンチンカンな話であるということがわかると思います。

不要品を売りたい→メルカリをダウンロード

ネットで販売したい→ネットショップをレンタル(通販システム)

この基本的な考えはしっかり身につけておいたほうが良いと思います。

今は、通販システムのサービス(要するにウェブアプリです)が無料のものから有料のものまで、いろいろあるので、その中から、自分にぴったりのサービスを選んで借りて販売を開始します。→レンタルネットショップ

FACEBOOKをやっている人はわかると思いますが、自分の情報を入れるだけで、自分のFACEBOOKページができあがるでしょう?それと同じです。それを「FACEBOOKページを作る」とは言いますがプログラミングとは無縁です。

適切なサービスを選んで販売者情報や商品情報情報を入力していけば(FACEBOOKよりは入力事項は多いけど)、あら不思議。マイネットショップのできあがりです。いきなり一国一城の主です。早い場合は数時間でできあがってしまいます。

通販サイトのしくみは中学生でもわかる通販サイトの作り方をご一読下さい。

また、「ネットショップを始めたいけど仕入れるものがない!」と言う方は、在庫を持たない300点仕入れのセレクトショップから始めようをご覧ください。

おすすめ記事
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

no image

確定申告で年に一回の会計の勉強

確定申告の時期です。便利なツールや豊富な情報のお陰で、例年とは打って変わって、準備は8割ほど進んでい

記事を読む

ネッシー

やっぱネーミングは「ネッシー」ですよね~

少し前にお知らせメールが来て気になってました。 株式会社ディー・エヌ・エーが運営する、BtoB

記事を読む

CS-CART

新種発見か?レスポンシブ対応CSカート

サーバーにインストールして使うCS-CARTというカートプログラムを発見。 レスポンシブ(端末

記事を読む

修理専門店の作り方

メンテナンスや修理専門店の作り方

おそらく初めてですが、修理専門店に買った商品を出すことにしました。モノを売るだけがネットショップでは

記事を読む

EFO

CVRアップのためのEFO5つのテクニック

EFO(エントリーフォーム最適化)のHTML、CSS等の技術情報。 1.入力フォームの拡大 通常

記事を読む

裏ワザ

裏ワザ!無料でカラーミーショップ・プロ3店舗作成

新しいプランを発表した絶好調のカラー・ミーショップ・プロですが、実は、思いもよらないところで無料で3

記事を読む

自動返信メールのこだわり

自動返信メールのこだわり

楽天のショップ2店舗で買い物をしたんですが、自動返信メールがよく似ていて、ちょっと気になりました。

記事を読む

トップページ

yahoo! shoppingレイアウトが3カラムの場合のトップページのHTMLの編集

幅950pxでレイアウトを3カラムにした場合、サイドナビ180px、スペース10px(✕2)、右側サ

記事を読む

知らないと脱税になる

知らないと脱税になる2つの仕訳

ネット販売は、無店舗でひとりで営業することが多いので、経費が少なくてすみます。その結果、「気づけば利

記事を読む

売れる商材

商材をネットショップに卸す方法

「売れる商材があるのだが、ネットショップを中心に卸をしたい」という場合。 これ、なかなか難しい

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑