*

ハード・トゥ・ゲット・テクニックの意味

公開日: : 最終更新日:2015/12/08 ショップサーブ, 基礎知識やノウハウ, 販売心理学

ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは、「アナタだけに」という特別感で相手の自己重要感を刺激して好意を抱いてもらう手法のことです。恋愛関係の本やサイトなどでよく紹介されています。この「hard to get」ですが、本来の意味は「得難い」「入手困難」という感じでしょうか。

恋愛ではないですが、このテクニックを乱発する営業マンにはすっかりやられてしまいます。彼はこのテクニックのことを知っているのか知らないのか、自然にやっていることなのか、実際に特別扱いされているのかは、わかりませんが、確かに営業マンに好意を抱き、信頼してしまいます。もちろん、恋愛には発展する可能性はありません。

ビジネス現場で考えてみると、例えば、アパレル業界ではお馴染みのファミリーセールも、ファミリーでないと入手困難(入場困難)であるから、確かにHARD TO GETですね。また、お店の常連になると、「レアアイテムを紹介してくれたり」「常連だけの特別メニュー」が用意されたりするのも、H.T.Gということになりそうです。

ちょっと、話は逸れますが「play hard to get」となると、意味が全然違ってくるんですよね。『その気がないふりをする』『お高くとまる』ということらしいです。

まとめますが、HTGテクニックは、ネットショップでは、「数量を限定などして一部のお客さんだけに提供」したり、「会員制でランキングを付けて、上位ランクのお客さんをひいきする」などの方法が取れそうです。特に、会員ランクは、多くの人「上得意でありたい(特別扱いされたい)」という気持ちがありますから、リピート商材を扱っている場合はぜひ取り入れたい仕組みです。

ショップサーブでは、管理画面から会員ランクの設定ができます。

会員ランク

Adsense

関連記事

no image

海外から商品を仕入れるにはどうすれば良い?

海外から商品を仕入れる方法は、大きく分けると2つ。 1つは、日本に居ながらにしてネットを使い仕

記事を読む

格安と何が違う

格安開業サービスとは何が違うのか?

今回は他社との比較について。 ショップサーブと、格安なネットショップ開業サービスでは、何が違う

記事を読む

フォローメール

フォローメールはスマホで読まれることが多いことを考えると

楽天で買い物したお店からフォローメールが届きました。スマホで読んだわけですが、「さっと読めるのは

記事を読む

文脈効果

文脈効果をセールスに使おう

商品を普通に載せるだけでバンバン売れる時代は、とっくの昔に終わって、今はあれこれ心理テクニックを駆使

記事を読む

スマホだけで開店

スマホだけでネットショップが開店できるようになった

スマホやタブレットが普及し始めたころから、「タブレットだけでネットショップが開業できますか?」なんて

記事を読む

ネットショップ講座名古屋

ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」 「名古屋在住だが、ネット

記事を読む

no image

「専任の担当者が徹底サポート」に物申す

「ショップサーブのウェブサイトのリニューアルをネタに」シリーズ。今回は、「専任の担当者が徹底ポート」

記事を読む

顧客ランクは3つで良い

顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無しを含めて6つの項目が用意されて

記事を読む

no image

そこのIT苦手な社長。めっちゃヤバイかも。

年商10億とか20億とか。 「スゲー」って思うかも知れませんが、ネット系以外の、リアル中心のそ

記事を読む

時間の計算

ネット販売を始める前に、時間がいくらあるか計算するのが良い

ネット販売に大量の個人はもちろん、多くの企業も通販事業部などとして参入してきたのは良いのですが、かな

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑