*

ソニー損保はメールの問い合わせ返信は3時間以内

当日配送が当たり前のネット通販業界。配送も含めすべてのことがスピードアップしています。スローなショップ運営者としては少々困りものですが、できるかぎり消費者の要望には応えたいところです。

昨日、楽天のとあるネットショップで買った品が届いてびっくり。木っ端微塵、粉々でした( ゚Д゚)。めったにないことなので、「こりゃネタだ」と、楽天ショップにメールを送信。

楽天某ショップ ご担当者様

お世話になっております。
このたび、ラバカグラス○○を購入した渡部と申します。
迅速な配送手配ありがとうございました。
注文番号:20180122SEOSEM

ところが、商品が配送中に落下したのでしょうか、
粉々になっておりました。

お手数おかけしますが、
商品の再送をお願いいたします。

とまぁ~こんな感じでメールしました。

商品の破損の責任は運送会社にあるので、まずは運送会社に電話するのが本来の手順ですが、消費者としては反射的にネットショップに連絡をしてしまいます。破損の責任はお店にはないのですが、消費者としては、まずはお店の対応を期待するわけです。

その点、当該ネットショップは把握していないのか、1日経ってもお返事がございません。それどこか、自動送信メールで「商品は無事届きましたか?」って。ネットショップ運営はかなり素人ぽい印象です。暇なクレーマーなら、ここぞとばかり食いつくところです。メールと電話の嵐です。

このお店東京に実店舗を構えているのでネットは副業的な扱いなのでしょう。実店舗スタッフにネットの注文や問い合わせの対応をさせているのかもしれません。

話は戻りますが、ソニー損保は問い合わせのメールの返信は3時間以内と明言しています。これはわかりやすいですね。3時間以内なので、1分後かもしれないし、2時間59分後かもしれない。でも、確実に3時間以内に回答が得られるというのは実に気持ちがいいものです。

ソニー損保
http://www.sonysonpo.co.jp/inq/n0010000.html

この仕組みはぜひ取り入れたいですね。

お客様からの問い合わせはいろいろあります。キャンセル、注文内容の変更、お届け日の変更、そして、今回のような破損事故の連絡。破損事故は、運送会社の責任ですが、ユーザー視点ではお店の責任です。いち早く対応しなければいけない問い合わせです。

楽天ショップには何も期待はしていないので憤慨することもなく様子見していますが、ショップサーブに出店している専門店としてはやってはいけないですね。

最速で対応すべき問い合わせメールは、Gmailのフィルターを使ってスマホにメールを直送するくらいの仕組みは作っておいてしかるべきです。そういった細かいことの積み重ねが専門店の信頼性を高めることになるのではないでしょうか。



Adsense

関連記事

売れない理由

売れない理由って単純じゃない?4つくらい?

売れない理由って、実は、単純じゃないのかな?とない頭で考えてみました。 売れない理由は全部で4

記事を読む

会計事務所

会社を設立すると会計事務所からダイレクトメールが届く

新年度が始まるわけですが、このタイミングで会社を設立する人も多いでしょう。法人を作ると、法務局にいろ

記事を読む

在宅ワーク

在宅ワーク、何をどうすればワカラナイ

「未経験、スキルなし。在宅ワークで仕事をしたいが、何から手を付けてよいかわからない。」という人がいる

記事を読む

ショッピングカート

現役店長オススメのショッピングカート

見えなくて怖いこと。幽霊ではなくカゴ落ち・・・ 「せっかくお客さんが商品をカートに入れたの、そ

記事を読む

EC CUBE

EC CUBEの使い道をイメージしてみた

ショップサーブを使えば簡単にネットショップが作れて運営できる。 確かにそうです。 わかっ

記事を読む

自作のすすめ

ネットショップ自作のすすめ、も・・・

ネットショップを始める場合、ショップサーブなどの開業サービスを使ってスタートするのが一般的になりまし

記事を読む

グーペ

純国産ホームページ作成サービス「goope(グーペ)」を使ってみたネット業界人としての感想

ネットショップ一筋20年、ネットショップの企画、構築、運営がメインなので、普通のホームページを作る機

記事を読む

副業で

やっぱりネットショップは副業で

ネットショップのメリットと言えば、「成長産業の中にあり、コストをかけず開店でき、自由なワーキ

記事を読む

CRM

顧客管理にはいろいろあるけれどネットショップのCRMは?

ひとことに顧客管理(CRM)と言っても、その意味はさまざまなんですよね。例えば、売上だけ見てあれ

記事を読む

マグカップ

画像検索対策が手薄な店が多いみたい

商品を探すときに画像検索を使う人も多いと思います。でも、その画像検索の結果を見ても、同じような写真ば

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑