*

2018年ネットショップ起業5つの真実

公開日: : 最終更新日:2018/01/05 ショップサーブ, ネットビジネス, 起業や開業

新年ですから、やる気満々の人も多いでしょう。周りではネットではなくて実業で起業した人もいます。その勢いのあるうちに行動を起こすのがコツですね。「やってみたいなぁ~」なんて、のほほーんとしてると、あっという間に2月になっちゃいますよ。

今回はネットショップ運営経験者だから、現役でネットショップをやっている者だからこそ言える開業にまつわる真実を5つあげたいと思います。「5つの真実」なんて大げさな表現ですが、実は、この業界ではいたって当たり前の話です。改めて記事にするのがちょっと恥ずかしいくらいです。でも、業界を知らない人には良い情報になると思います。

と言うもの、化粧品を買おうを思ってネット検索をしたのですが、もうステマ(ステルスケティング・・・要するにヤラセ情報)だらけ。高濃度汚染ですわ。真実に全くと言って良いほどたどり着けないわけです。でも、この記事は違いますよ。

1.絶対副業からで

「脱サラして起業」とはよく言いますが、ネットショップに関してはそれをやってしまっては大やけどです。場合によっては奈落の底へ直行かもしれません。副業として小さく始めるのが鉄則です。

ネットショップがあまり存在しないころは、一念発起で起業していきなり月商100万、1000万なんて話も珍しくなかったんです。でも、今はご存知の通り、売っていないモノはないほどネットショップだらけです。そんな市場では小予算で始めてやるべきことをコツコツ実践していくのが王道です。

2.ネットショップは自分で作るな

ネット業界を知らない人は、「ネットショップ始めたい」→「ホームページ作成ソフトで作る。」という考えになることがあります。これは20年前の話で、今では見当外れも甚だしくトンチンカンなやり方です。ネットショップは手作業で作るものではありません。

「通販システムを借りる」のが正解です。いわば完成品です。ただし、中身はありません。カートや決済、商品ページ自動作成、メルマガ送信機能など、通販を営むためのシステムがあるだけです。後は、あなた(貴社)の商品や情報を追加することで、あなた(貴社)オリジナルのネットショップが完成します。


レンタルネットショップについてのページ参照

3.師匠を持とう

ネット情報で信用してはいけないのは「経験者でない人の話」です。ネットショップをやったこともない、ネットビジネスもやったこともない人の話に何の価値はありません。これは間違いないです。その記事が本物かどうかは書いている内容をある程度読めばわかるはずです。

できれば、リアルの世界で経験者の話を直接聞くのがオススメです。例え、その人の年商が100万円や1000万円程度でも、そのランクの人の話が聞けるのはめったにないないです。ネットしショップは無数にありますが、実際にやっている人に会える機会ってめったにありませんから。

知り合いに『「ネットショップやネットビジネスをやっている人」を知ってそうな人いない?』式の質問で、たいていはたどり着くことができるはずです。あまりに地方だと難しいかもしれませんが、この質問は秀逸なのでお試し頂きたいと思います。

それが無理な場合は、通販システムの老舗企業の(株)Eストアーの無料セミナーを受けに行くと良いです。同社はネットショップのシステムを専門に20年以上の実績があります。年商数億の店舗も多数抱え、それらのショップ運営のノウハウの蓄積もあります。何よりも通販業界の最新情報を知っています。

疑問点があれば、セミナー終了後、講師が個別に相談に乗ってくれます。オンラインのセミナーもありますが、リアルのセミナーとは似て非なりです。電車に乗って、セミナールームに行って話を聞いてみましょう。あなたの間違った思い込みに気づくと思いますよ。

4.まずは教科書通り進めよう

ネットショップ・ビジネスが始まって20年です。当初は、「どうやって運営していくか」という法則は確立されてなかったのですが、ここへ来て、ほぼやり方は完成しています。ただ、アマゾンで教科書も参考書も販売されていません。紙情報はアップデートができないので、変化の早いこの業界に追いつけないのです。

ショップの運営方法を体系的に教えてくれる学校はないのですが、かろうじて、Eストアーの有料セミナーが唯一まともな「ネットショップ運営講座」と言えるかと思います。もちろん、これがすべてではなく、受けたからと言って大成功とはいきません。でも、全容、大枠は把握できると思います。

「やる気があればなんとかなる!」と言った根性論もありますが、ネットの世界はやる気無くても儲かるときは儲かります。やる気あっても0円も当たり前です。これはネットの特徴かもしれません。リアルビジネスは体力や精神力がモノをいいますからね。ネットビジネスは体力いらないです。


ネットショップの運営ノウハウ

5.あせらずメルカリやヤフオクからでもOK

パソコンが苦手なのに「パソコンを使って起業しよう。」なんて勇敢な人もいますが決して間違いではないです。ただ、いきなりハードルが高すぎると挫折が早いです。パソコンにトライしてみて厳しそうなら、メルカリやヤフオクで個人売買的に販売してみるのが、この業界のエントリー的な参入方法です。

メルカリもヤフオクもスマホにアプリを入れるだけでネットで売買ができます。いやぁ~ほんと便利になりました。スマホで商品写真撮ってそのまま出品。早ければ「1分以内に売れる」なんてフツーにあります。自分に近いレベルから、一歩一歩クリアしていくのがオススメです。



Adsense

関連記事

ヤフーショッピング出店めんどくさい

訪問キーワードです。 面倒!大変!だりー! 確かに! 出店作業はめんどくさ

記事を読む

ココナラ

副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシャルTVで見たよ~。興味あるけ

記事を読む

カートバック

ブラウザの右下に「カートへ戻る」のリンクボタンを常時表示させる方法

yahoo! shoppingや楽天にあってショップサーブにないもの。 それは、右下に常時表示

記事を読む

アクセス拒否

迷惑客やクレーマーはブラックリストとアクセス拒否

ショップサーブの新しい機能に、ブラックリスト機能が追加されました。(10月22日付のお知らせ)

記事を読む

no image

今のところ集客の悩みを解消してくれるかもしれないTop Sellerについて

集客力の悩みを一気に解消してくれる可能性を秘めた(2016年3月現在)トップセラー(Top Sell

記事を読む

ウェブテクニック

ショップオーナーが知っておくと役に立つWEBテクニック

ネットショップを始めるのにHTMLやCSSとかの知識は、とりあえずいらないです。アプリを借りたなら、

記事を読む

no image

大学生も正直な商品説明を

新卒さんの集団を見かけました。おそらく、どこかの会社の入社説明かか何かの出席したあとの帰りなのかもし

記事を読む

LPO

プロとしてLP(ランディングページ)の制作を請け負うなら

「LP作成の仕事を取ったのだが、クライアントは『送信フォームも埋め込んで欲しい』と言う。これは、PH

記事を読む

ゲーム

ネットショップはゲーム。みんなビビりすぎ。

ホリエモンが「みんなは起業にビビりすぎ。」と言ったそうです。何かの記事で、見出ししか見てませんが。ネ

記事を読む

no image

個人事業主 別の名前でサイト運営できる?

素朴な疑問です。 回答としては、株式会社(法人)だろうが、個人事業主だろうが、まったくの個人だ

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑