*

ショップサーブのABテストツールが使いやすいけど、、、

公開日: : 最終更新日:2019/03/07 ウェブ・テクニック, ショップサーブ, ネットビジネス, 売上アップの方法

この記事は約3分で読むことができます。

ABテスト

ABテストとは?

わかりやすく言うと、Aパターン、Bパターンの商品ページを用意して、どちらがお客さんの支持を得られるか?をテストすることです。

Aパターン:クマ
Bパターン:サル

この2つのパターンを用意して、閲覧したお客さんは「はたしてどちらに多く反応(注文)したのか?」をテストします。

結果的に「サル」のほうが注文率が高いとわかったら「クマ・パターン」は却下して「サルパターン」で販売していくことを選択します。

なぜ、こんなテストをするかというと、ネット販売においては、往々にして販売者視点と購入者視点のズレがあるからです。販売者は「これが良い!」と思ってアピールしますが購入者にとってはさほど魅力的に感じないというズレがあるからです。

屋号の話(参考:失敗しない屋号の決め方)と同じです。

自分は、これが「かっこいい!」」とか「おしゃれ!」「売れる!」とか思ってネーミングするのですが、買う側のお客様は、そんなことを「求めていない」「響かない」ことがほとんどです。

ABテストは、ターゲットがどんなキャッチコピーやアイキャッチ画像に良い反応するかをテストするためのツールです。

ABテストツールを提供している企業はいろいろありますが、ECサイトにおいてはショップサーブが、とっても使いやすいです。

サービス名は「Eストアーコンペア」(なんで、こんなわかりにくいネーミングにするのでしょうか!?「ショップサーブABテストツール」で良いじゃないですか。「コンペア」って。英語が分かる人にはわかりますが、わからない人にはちんぷんかんぷんですよ。どのレベルのお客さんを見ているのでしょうか?)

さて、このショップサーブのABテストツールですが、初期費用10,000円、月額20,000円、さらにセッション数に応じて課金というシステムになっています。

正直、使いやすいとは言え、いきなり、そんな料金を取るのはどうかと思いますね。

というのもABテストに相性のよい商材、お店、ジャンルってのがあります。それを確かめるためのトライアル期間(無料おためし)があっても良いと思います。いや、あって当然でしょう。

いきなり取るのは、販売者視点しかありません!
つまりユーザー視点無視。

今の時代、そんな一方的なサービスの提供方法は無理があると思います。

「提供企業側だけが得をする。」というのは企業側の歪貯金です。Win-Winという陳腐な言葉がありますが、何を提供するにしても、最低限、ウィンウィンを中心に考えないと、結局ツケを払うことになると思いますが、どうでしょうか。


Adsense

関連記事

ショップサーブ

ショップサーブのキャッチコピーを変更してみた

ショップサーブのキャッチコピーはこれ↓ なんですが、、月商1000万と言われてもね~。

記事を読む

ポイントは誰のもの?

ヤフーショッピングのポイント負担、ポイント支払いなどについて

ヤフーショッピングに出店すると、店舗側の意思に関係なく、購入者にはTポイントを差し上げる必要がありま

記事を読む

no image

広告費と外注費の配分を変更してみる

あまり効果の出ていない広告費を削って、それを外注費に回すというアイデア。外注とは仕事を外部に委託する

記事を読む

ペイパル

外注したらPaypal払いだったので使ってみた

自分でやれば10時間はかかるような作業を外注してみました。金額は1万円ほど。プロなので、自分でやるよ

記事を読む

SEO

これで十分。役立つSEO情報サイト2つ

しばらくSEOについては放置してましたが、ここへ来て、久々にしっかりお勉強中。ブックマークしていたサ

記事を読む

モバイルフレンドリー

スマホ最適化しないと検索ランクに影響

本来は公開しないことを公開しましたね。Google。 「PCサイトだけじゃだめよ。スマホやタブ

記事を読む

コンサルタント

コンサルタントも資格不要で即日開業できる

ネット販売の場合、たいていの商品の販売には資格不要。早い場合は即日開業ですが、それでも商品データや写

記事を読む

ゲーム

ネットショップはゲーム。みんなビビりすぎ。

ホリエモンが「みんなは起業にビビりすぎ。」と言ったそうです。何かの記事で、見出ししか見てませんが。ネ

記事を読む

特商法オリジナル

特定商取引法をオリジナルページにしてしまう方法

ショップサーブのスマートフォンサイトでは、実は、「フリーページ」を使って特定商取引法のページを差し替

記事を読む

ショッピングカート

現役店長オススメのショッピングカート

見えなくて怖いこと。幽霊ではなくカゴ落ち・・・ 「せっかくお客さんが商品をカートに入れたの、そ

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑