*

ヤフーショッピングの画像やHTML編集方法

公開日: : 最終更新日:2016/11/17 CSSやHTML、CGI, ヤフーショッピング・作成講座

この記事は約5分で読むことができます。

ヤフーストアHTML
構築頑張ろう

HTML自動変換
スマホ作成
サイドナビ画像化
フリーツール
リンクボタン画像化


ヤフーショッピングは、ショッピングモールなので、と言うと語弊がありますが、画像やHTMLの扱いになにかと制限があります。でも、基本的な考え方を理解すれば、後は慣れるだけです。

まず、画像について理解をしてください。

画像は2種類です。

(1)商品画像
(2)その他の画像(バナーやアイコンなど)

これらの2種類は、それぞれ別のフォルダに保存されます。

ヤフーストア画像フォルダ

(1)商品画像は商品カテゴリ毎にフォルダが自動的に作られてそこに保存されます。
(2)その他の画像は、「追加画像」というフォルダに保存します。

例えば、トップページに画像を貼り付ける場合は2ステップです。

(1)画像を「パールフォルダ」に登録(アップロード)してURLを取得(コピー)
(2)ページ編集画面でURLを貼り付け

「ページ編集」や「画像管理」のセクションを行ったり来たりしないといけないので、頻繁に使う画像は、メモ帳やメールなどにURLを記録しておくと良いです。

ちなみに、トップページを編集して画像をはりつける場合は、次のようなタグを書きます。

<img src=”http://shopping.c.yimg.jp/lib/ストアアカウント/画像ファイル名.拡張子”>

実際には、次のようになります。

<img src=”http://shopping.c.yimg.jp/lib/mymyshop/tensho.jpg”>

画像の大きさを指定する場合は、大きさを指定する命令を挿入します。

<img src=”http://shopping.c.yimg.jp/lib/mymyshop/tensho.jpg” width=”150″ height=”150″>

(150×150の場合)

ただし、元の画像が長方形なのに、ここで正方形を指定してしまった場合、画像の比率が崩れて、変な見え方になってしまいます。できれば、画像を登録する前に、希望の大きさに加工した上で登録するのがやりやすいです。

次にHTML。

HTML4が基本ですかね。CSSやJava Scriptも使えないことはないみたいですが、HTMLのタグ同様サポート外。「自己責任で使え」というスタンスです。ま、モール内なので普通にHTMLタグを使えば良いでしょう。

使えるタグは以下の通り。

重要タグ

たくさんありますが、重要タグは赤い丸、その次に使えると便利なのが青丸、それ意外は知らなくてもこまりません。極端な話赤い丸の8つのタグさえ理解できれば、それなりのページが作れます。

さて、レイアウトもCSSではなくTABLEでいけるので、慣れている人には楽ですね。

例えば、バナーを3つ横に並べる場合。

<table>
<tr>
<td>バナー1のURL</td><td>バナー2のURL</td><td>バナー3のURL</td>
</tr>
</table>

このようになる↓

バナー1 バナー2 バナー3

↑ブログの仕様上ボーダーが入ってしまっていますが、<table border=”0″>とすれば線は消えます。また、左右にめいいっぱいボタンを広げて配置する場合は、<table width=”100%”>とします。それぞれの画像を真ん中に配置したい場合は、<td align=”center”>~</td>とします。各枠内のスペースを調整する場合は、<table padding=”数字”>とします。

後は、枠の比率を変えたい場合は、全体を100%として、<td width=”20%”>+<td width=”20%”>+<td width=”60%”>としたり、<table width=”500″>としておいて、TDを200+200+100などとすることも可能です。

TABLEが使えればレイアウトはほぼいけそうです。

※関連
ヤフーショッピング作成講座
ヤフーショッピングHTML入門
yahoo! shoppingのトップページはどうやって作るのですか?
ヤフーストア・トップページ用のテンプレートを作ってみた
フリースペースや商品説明はホームページビルダーで効率的に作る。


Adsense

関連記事

オリジナルページ

ショップサーブのテンプレートを使わずにオリジナルページを使う方法

ショップサーブは、オリジナルページを使えるところが、他社と違うところですね。「ショップサーブのテンプ

記事を読む

認証キー

EC CUBE プラグイン用の認証キーの場所

納期が迫っているのに、ついついサボってEC CUBEでお遊びです。EC CUBEもバージョン3.0に

記事を読む

自動表示

ブログの最新記事をトップページに自動表示させる方法(CGI)

ショップサーブはCGIやSSIが使える唯一の通販開業サービスですな。標準で付いている店長ブログこそ使

記事を読む

フッター

フッターは「とりあえず」設定で

商品ページで良く見られるエリアは上部なので、下部のフッター部分は、とりあえず必要情報を載せておくだけ

記事を読む

no image

ショップ運営者のHTMLメール作成について

HTMLメールのメルマガが増えてきているのは周知のところです。その流れでネットショップ運営の現場でも

記事を読む

ルミーズ配布終了

ルミーズ・ショッピングカートCGI配布終了

http://www.remise.jp/news/20141015.htm フリーショッピン

記事を読む

納品書

ショップサーブの納品書のフォントを明朝体に変更する方法

納品書のフォントの初期設定はゴシック体です。「このフォントを変えたい!」と思っている方もいるでしょう

記事を読む

EC CUBE HETEML

EC CUBEを使う場合の注意点(共用SSL)

「EC CUBEを使ってお店を作りたい。お店サイトは独自ドメインで、カード部分は共用SSLを使いたい

記事を読む

ケントウェブ

WEB MART(KentWeb) を設置してみた

KENT WEBさんを久々に見ると、カートCGIがちょいとバージョンアップしていたので、おもしろそう

記事を読む

動画埋め込み

yahoo! shoppingの商品ページにyoutube動画を埋め込む方法

結論から申しますと、yahoo! shoppingのトップページや商品ページに、「無料」で動画を埋め

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑