*

ECサイト運営社必読「ひらなが」で話す技術

公開日: : 最終更新日:2018/09/11 おすすめの本

この記事は約3分で読むことができます。

ひらがなで話す技術

「ひらがな」で話す技術(西任暁子著)

ECサイト運営者は、毎日、パソコン画面を見ながらキーボードを叩くのが仕事です。仕事として、しゃべらなければいけないのは、ごく一部の人でしょう。でも、ECサイト運営者でも、特に文章を担当している人は、読んで損はない本だと思います。

なぜなら、タイトルは「話す」技術ですが、これを「書く」技術に変えてしまっても、8割くらい、そのまま使えちゃうからです。

商品ページやランディングページを作るときには、キャッチコピーや文章はもちろん、レイアウトや導線、クリエイティブ(バナー)なども、じっくり考えて作り込んでいきます。それぞれに技術が必要ですが、本書では、書くときに、そのまま使える技術がいくつか紹介されています。3つほどピックアップします。

1.大和言葉(やまとことば)を使う

大和言葉とは、昔から日本語として使われいる言葉のこと。欧米から入ってきたカタカナの言葉や、中国から入ってきた漢語はできるだけ使わないということです。特に漢語の説明でなるほどと思ったのは、ひらがなにした時に、「わからなくなる」ことがあるという点です。

例えば、「効果」。文字にすると一瞬で理解できますが、話すときは「こうか」というと、「効果」「高価」「硬貨」「校歌」とたくさん意味が出てくるから、伝わりにくくなる原因になるわけです。

文章には関係なさそうですが、人によっては、文章を読む時、頭のなかで声を出して読む人もいますから、難しい漢語は避けたほうが良さそうです。

2.指示語に注意

「これ」「それ」「あれ」という指示語ですが、つい使ってしまいますよね。悪くはないんですが、多すぎると、「文章中の「それ」は何を指すか5文字で答えよ。」みたいな、『国語のテストのようです。』と。

たしかに。「これは」と書くとき、「直前に「これ」を指すことがあるから、読み手も当然わかっているだろう。」と思ってしまいますが、「わかっていない人もいるかも?」という視点は持っておきたいですね。

3.句読点の別の意味

句読点を打つことで文章をわかりやすくすることができます。句読点を「間」と考えたなら、「『間と』は相手を見る時間なのです。」と言うように、句読点を打つたびに、「読み手がどう思っているか?」と考えながら書く。そこまで、意識して書く必要がありそうです。

その他、役立つ技術盛りだくさんです。この本自体読みやすく、早い人なら30分ほどで読めそうです。でも、内容は、著者の15年間の経験から抽出されたエッセンスがぎっしり詰まっているので効きますよ。



Adsense

関連記事

思考のボトルネックを解除しよう

知っているだけで利益がどんどん増える

知ってると得するし、知らないと損だな、と思うのはよくある話ですが、そのことをうまく表現してくれている

記事を読む

メールマガジン

山口さんのメルマガまとめ読み

山口拓朗さんという方のメルマガを購読中。と言っても、ほとんど読めてないのですが、たまに、まとめ読みを

記事を読む

マーケティング22の法則

マーケティング22の法則

今から20年も前、1994年発売の本ですが大事なことが書かれてますね~。なぜもっと評価されないの

記事を読む

売り上げ上げる前に

売り上げアップの方法やテクニックを使う前に

「この商品もっと売れるはずなんだけどなぁ~・・・どこが悪いんだろう。それなりに売り上げアップの方法を

記事を読む

とっておきの副業30

とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社は業績が落ちてくると、まずは最

記事を読む

マインドマップ

マインドマップを描いてすべて解決

アイデアや構想はあるものの、どこから手を付けてよいやら・・・と右往左往していたところ、マインドマップ

記事を読む

売れてる本の表紙デザイン

売れている本は表紙デザインが秀逸

ショッピングカートを作りたい! APIを使えるようになりたい! マッシュアップサイトを作

記事を読む

伝え方が9割

伝え方が9割(2)のその2

伝え方が9割パート2の書評その2。あまりに刺激を頂いたので「つづき」ができてしました。ECサイト

記事を読む

ニッポンの社訓はすごい

ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡して興味のあるタイトルの本や雑

記事を読む

アマゾンに勝てる

ライバルに教えたくないアマゾンに負けない方法が書かれてる本

販売商品の6割くらいがアマゾンで安売りされてしまっている残念なネットショップのオーナーです。

記事を読む

Adsense

Adsense

ショップサーブがレスポンシブ・デザインに対応していない常識的な3つのワケ

レスポンシブWEBデザインとは、1つのページを作るだけで「PC

B2B
BtoBビジネス入門エッセイ「もっと儲かりまっせ」

もっと儲かりまっせ。 15年近く前の本です。ドッグイヤー

ショップサーブ・CSSカスタマイズ
最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・

park終了
9月30日Eストアー「park.jp終了」の裏事情!?と通販サイトの二極化

ショップサーブにとっては、棚ボタ的な広告サービスだったEストア

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

→もっと見る

PAGE TOP ↑