*

サイズわかる写真載せて~。大事な消費者視点

公開日: : 最終更新日:2018/09/13 ネットショップの作り方, ネットショップ運営

この記事は約4分で読むことができます。

写真載せろや!消費者視点
スーツケース(キャリーバッグ)が必要になって、好きなブランドで探していたんですけど・・・どこの販売サイトも、ネットショップにおける「写真の見せ方の鉄則」を無視した写真ばかりで、イライラしました。「雨の日は傘を差すとぬれませんよ。」というくらい、誰もが知っている超当たり前の基本ができていないんですよね。

ショップサーブの基礎セミナーでも、基礎事項として紹介されるだけで、取り立てて「これが重要!」というほどの項目にはなっていません。例えて言うなら、「暗い写真はダメで明るくしましょう。」くらい基礎的なものです。誰もが普通にわかるようなことです。

それは何かと申しますと、商材によって色々ありますが、「商品写真は利用シーンがイメージできるもの」。つまり、洋服なら、「服だけ」の写真ではなく「モデルなりが着用した写真」。食品なら「パッケージに入った状態写真」ではなく、「食卓に並んている写真」。お肉なら「生肉」ではなく「焼いている写真(要シズル感)」です。

比較

実は、ショップサーブのセミナーでは紹介されていないのですが、「直感的に大きさがわかる」というのは、サイズが関係するお店にとっては、写真撮影において、非常に重要ポイントになってきます。

今回、小さめのキャリーバッグを探していてのですが、どこのお店も「Mサイズ」とか「30リットル」とか「15cm×40cmx50cm」とか、テキスト情報によるスペック表示しかないんです。Mサイズと言われても「それって、どれくらいの大きさなの?」って、一瞬でわからないじゃないですか。これがイラっとするんですよね・・・

そこは、人が手で引いている写真とか、手にしている写真とか、そういうのがあれば「直感的に」、「あ、そそ、これくらいの大きさ!」って思えるんです。

今は、スマホユーザー多いじゃないですか。普段、ネットショッピングについて消費者のリサーチしているんですが、基本的に皆せっかちです。そして、最も多い不満というか、何かと「この言葉が出てくる」というのが「面倒くさい。」です。「わからなけりゃ問い合わせりゃいいじゃん。」→「面倒くさい。」

つまり、商品ページを見て、疑問点や不安点は、見たページ内で、すべてスッキリして買いたいんですよね。もちろん、あれこれ比較する人もいますが、比較する人はどちらかというとPCユーザーのほうが多いかもしれません。

冒頭の画像のように、大きさは、サイズ表記とかではなく、写真を見た客さんが「だいたいこれくらいかな?」と一瞬でわかるものを1つ用意しましょう。それだけで、ユーザーの離脱を防ぎ、成約率(CVR)の向上につながります。写真変種など細かい作業になってしまいますが、これをやっているお店は確実に繁盛しています。

もっとも、当店は、数千点ある商品について、「そんなことできるかいっ!」と言い訳を言い、未だに商品写真とテキストデータのサイズ表記だけでゴリ押ししております。偉そうなことを言う資格はありません。


Adsense

関連記事

バナー

効果的なバナーを作るコツ

いざバナーを作ろうと思うといつも困るんですよね。 効果的なバナーどうやって作れば良いのか?

記事を読む

去って欲しい社員

去って欲しいスタッフの条件

ドワンゴ社内に飾られている「去ってほしい社員の条件」 出典:天久聖一の「家庭遺産」(http

記事を読む

no image

11月の訪問キーワードトップ10

先月の訪問キーワードのトップ10。 トップは「ネット販売 個人」です。「どのような疑問

記事を読む

差し込み印刷(サムネイル)

ダイレクトメール(DM)はWORDの差し込み印で

ワードを使い始めて何年でしょう。 「差し込み印刷」という機能を初めて知りました。 こんな

記事を読む

後払い

後払い採用で売上アップは本当だった

一時、郵便振替などで後払いを試したことがあったんですが、「未払い者」続出ですぐに断念しました。201

記事を読む

セキュリティー意識

ショップ運営者はセキュリティー意識を高めよう

新しいクレジットカードを作って以来6ヶ月。ついに御用となりました。 クレジットカードの裏面には

記事を読む

受注管理ノウハウ

ネット通販受注管理ノウハウ

ネット通販の受注管理スタイルは大きく分けて3タイプあります。 (1) レンタルネットショップの

記事を読む

価格改定

メーカーから価格改定(値上げ)のお願いが来たら

物価の上昇だの円安だの、現地工場の人件費の高騰だの理由で、メーカーから価格改定のお願いのFAXが届く

記事を読む

ブログ運営

一人で6つのブログを運営するためのコツ

気がつけば、仕事とプライベート含め6つのブログを運営中。 (うちひとつはFACEBOOK)

記事を読む

記事が多い理由

なぜショップサーブの記事が多いのか。その理由。

なぜショップサーブの記事が多いのか。 最大の理由のひとつは、「ショップサーブを使っている人が多

記事を読む

Adsense

Adsense

写真優位効果
写真優位効果(ユーザーは文字を読みたくない!)

返報性の法則やら、アンカリング効果やら、フット・イン・ザ・ドア

11月の販促
11月のイベントに向けて販促キャンペーン・スケジュールを立てよう。

気づけば、今年も後半戦じゃないですか。販促は計画どおり進めてい

クロスセル
EC事業者のトップセラーの活用方法(クロスセルに使う)

ネット販売のお手軽副業のお供、在庫不要ネット仕入れのトップセラー(

管理画面改善
朗報。ショップサーブの管理画面少々改善される(オリンピック!?)

このヘッダーの通り、ショップサーブの管理画面の「メニュー部分」

カラーミーの優れたLP(ランディングページ)がGOOD

カラー・ミーショップ・プロを、たまに覗くのですが脱帽です。日々

→もっと見る

PAGE TOP ↑