*

サイズわかる写真載せて~。大事な消費者視点

公開日: : 最終更新日:2018/09/13 ネットショップの作り方, ネットショップ運営

この記事は約4分で読むことができます。

写真載せろや!消費者視点
スーツケース(キャリーバッグ)が必要になって、好きなブランドで探していたんですけど・・・どこの販売サイトも、ネットショップにおける「写真の見せ方の鉄則」を無視した写真ばかりで、イライラしました。「雨の日は傘を差すとぬれませんよ。」というくらい、誰もが知っている超当たり前の基本ができていないんですよね。

ショップサーブの基礎セミナーでも、基礎事項として紹介されるだけで、取り立てて「これが重要!」というほどの項目にはなっていません。例えて言うなら、「暗い写真はダメで明るくしましょう。」くらい基礎的なものです。誰もが普通にわかるようなことです。

それは何かと申しますと、商材によって色々ありますが、「商品写真は利用シーンがイメージできるもの」。つまり、洋服なら、「服だけ」の写真ではなく「モデルなりが着用した写真」。食品なら「パッケージに入った状態写真」ではなく、「食卓に並んている写真」。お肉なら「生肉」ではなく「焼いている写真(要シズル感)」です。

比較

実は、ショップサーブのセミナーでは紹介されていないのですが、「直感的に大きさがわかる」というのは、サイズが関係するお店にとっては、写真撮影において、非常に重要ポイントになってきます。

今回、小さめのキャリーバッグを探していてのですが、どこのお店も「Mサイズ」とか「30リットル」とか「15cm×40cmx50cm」とか、テキスト情報によるスペック表示しかないんです。Mサイズと言われても「それって、どれくらいの大きさなの?」って、一瞬でわからないじゃないですか。これがイラっとするんですよね・・・

そこは、人が手で引いている写真とか、手にしている写真とか、そういうのがあれば「直感的に」、「あ、そそ、これくらいの大きさ!」って思えるんです。

今は、スマホユーザー多いじゃないですか。普段、ネットショッピングについて消費者のリサーチしているんですが、基本的に皆せっかちです。そして、最も多い不満というか、何かと「この言葉が出てくる」というのが「面倒くさい。」です。「わからなけりゃ問い合わせりゃいいじゃん。」→「面倒くさい。」

つまり、商品ページを見て、疑問点や不安点は、見たページ内で、すべてスッキリして買いたいんですよね。もちろん、あれこれ比較する人もいますが、比較する人はどちらかというとPCユーザーのほうが多いかもしれません。

冒頭の画像のように、大きさは、サイズ表記とかではなく、写真を見た客さんが「だいたいこれくらいかな?」と一瞬でわかるものを1つ用意しましょう。それだけで、ユーザーの離脱を防ぎ、成約率(CVR)の向上につながります。写真変種など細かい作業になってしまいますが、これをやっているお店は確実に繁盛しています。

もっとも、当店は、数千点ある商品について、「そんなことできるかいっ!」と言い訳を言い、未だに商品写真とテキストデータのサイズ表記だけでゴリ押ししております。偉そうなことを言う資格はありません。


Adsense

関連記事

静岡県&愛知県

地方の個性を部分的に出してアピール

世界の中では日本が長寿国というのは知ってましたが、都道府県別の健康寿命については知らなかったです。沖

記事を読む

グランプリ受賞

ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでもなんでもないです(笑)。受賞の

記事を読む

TVショッピング

テレビショッピングは販売の仕掛けなど見どころ満載

テレビショッピングと言えばショップチャンネル。日本初のTV通販番組として1996年に設立された会社で

記事を読む

no image

あらためてネットショップのメリット7つとデメリット

2016年、ネットが普及し始めて20年以上です。ほぼ20年以上ネット販売をしているってのも変な感じも

記事を読む

一番簡単なネットショップ

一番簡単なネットショップの作り方

yahoo! shoppingが無料になったとはいえ、初心者が初めて申し込んで操作するには難しいよう

記事を読む

アクセス解析

ネットショップ運営者が押さえるべきアクセス解析8つのポイント

ネットショップを開店して1~2年は毎日のようにアクセス解析を見てました。何人の訪問があったのか、どの

記事を読む

クリックされやすいバナー

クリックされやすいバナー作成3つのポイント

バナーを作った後にバナーの作り方のポイントを見てしまってガックリ_| ̄|○ 今回作ったのは文字

記事を読む

条件

注文が入るようになるお店の前提条件

今年ネットショップをオープンした人も、相変わらず多いですが、見ていると商品点数が数点だったり数十点だ

記事を読む

管理画面比較

ネットショップ開店サービス4社の管理画面比較

ネットショップを始める場合、ASPと呼ばれるネット通販システムを貸し出す業者を利用するのが一般的にな

記事を読む

オリジナル商品の作り方

いろいろあるオリジナル商品の作り方のまとめ

ショップ運営も軌道に乗るとオリジナル商品を作りたくなるもの。オリジナル商品は、販売価格を自由につ

記事を読む

Adsense

Adsense

ショップサーブがレスポンシブ・デザインに対応していない常識的な3つのワケ

レスポンシブWEBデザインとは、1つのページを作るだけで「PC

B2B
BtoBビジネス入門エッセイ「もっと儲かりまっせ」

もっと儲かりまっせ。 15年近く前の本です。ドッグイヤー

ショップサーブ・CSSカスタマイズ
最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・

park終了
9月30日Eストアー「park.jp終了」の裏事情!?と通販サイトの二極化

ショップサーブにとっては、棚ボタ的な広告サービスだったEストア

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

→もっと見る

PAGE TOP ↑