ホームページ・ビルダー20クラシックでネットショップは作りません。補助に使います。

ホームページビルダーでは作らない

この記事は約3分で読むことができます。

「ネットショップを始めよう!じゃ、ホームページ・ビルダーだ。」

で買ってしまった方もいると思います。ホームページ・ビルダーはバージョンアップを重ねて、今はVer.20です。でも、安心してください。無駄にはなりません。

ホームページ・ビルダーでお店は作りませんが、お店ページを作る補助として使います。実際、使っているショップも多いです。これ書いている人も、最近HPB20買いました。使いやすくていいですね。

さて、補助とはどいいうことか?

今は、ネットショップそのものはアプリで作る時代です。ソフトで作っていたのは、今から15年くらい前までです。アプリと言えば、LINEや地図などの、スマホアプリを思い浮かべるかも知れませんが、ちょっと違います。

通販用のアプリは、スマホに入りきらないほど大容量のデータがあるので、ネット上で借りて、その場で構築していきます。その際、ページ作りにHTMLを使うので、その部分だけビルダーの手を借りるというわけです。

こんな感じです。↓

HBP01

ホームページ・ビルダー20クラシックで、ページの一部を作り込みます。そして、必要なタグをコピーして、通販開業用のアプリのページ作りの箇所に貼り付けます。

HPB02

通販開業アプリの商品データ登録の箇所にペタっと貼り付ける。

hpb20

なので、ショップ作りのときには、通販開業アプリの管理画面を開いた状態で、ホームページ・ビルダー20クラシックも立ち上げて作業をする感じです。

ホームページ・ビルダーでネットショップを作れないことはないですが・・・・今どき、そんなことをする人ほんといないですからw。例えるなら、今どき「ふんどしはいている人」とか、「洗濯板で洗濯する人」とか、それくらい、時代遅れです。

もし、今、このことに気づいたらラッキーだと思いますよ。まだまだ、ソフトか何かで「作るもの」って15年以上前の情報の人も多いですから。時代はすっかり変わっています。

通販は、アプリ借りて、さくっと始めるもんですよ~。