*

Eストアーフレンドリンクを無理やり半ドロップシッピング式にしてみたら

公開日: : 最終更新日:2015/03/20 ショップサーブ, ネットビジネス, マーケティング

ドロップシッピングもアフィリも似たようなもの。会員が「ブログ」にリンクを貼り付けるか、「お店形式で出店」するかの違い。

かな?

「メーカーにドロップシッピングの話を持ちかけようか(メーカーが小売業をする)」という案があるのですが、そのためには、ちゃんと仕組みを説明できないといけないですからね。

親サイト(メーカー)があって、子サイト(卸会員)を作ることで、「親サイトも小売をするけど、子サイトも販売。でも子サイトからの注文は一手に引き受ける仕組み。」と言えば良いでしょうか。

だた、一般的に言うドロップシッピングと違うのは、「卸値」という仕組みではなく、「報酬」という点。だから、ユーザーは「販売価格を自由に決められない」という点ですね。あ・・・こりゃアフィリだわ。

でも、すべてのユーザーに「ネットショップ形式で販売」してもらうことで、見た目にはドロップシッピング的にな部分や20~50%の高額な報酬体系というところ、そこが売り、となるかどうか。顧客情報もユーザーのものにならないので、限りなくアフィリですね・・

さて、コピペはとにかく面倒。サイト作りも面倒。いかに、ユーザーに楽にネットショップを持ってもらうかというところに集中します。

お店側ですることリスト

  • 商品データ(写真も含む)をファイルで提供
  • ネットショップテンプレートを提供
  • ドメインからサーバー申し込みまでのマニュアル作成
  • ネットショップ作成のマニュアル
  • 集客のためのマニュアル

ここまで用意すれば、かなり楽ではないでしょうか。

子ネットショップですることリスト

  • サーバーの申し込み
  • 商品データとテンプレート放り込むと同時に開店
  • 集客や広告

テンプレート式なので、子サイトが全部クローンというのはちょっと問題ありかもしれないですね・・・

Adsense

関連記事

ギフトショー

商材仕入れはギフトショーで

間もなく待ちに待ったギフトショーの季節です。福岡は6月に終わりましたが、最大の東京はまだです。チャン

記事を読む

ダイレクトメール

ダイレクトメールの件名の工夫について

Eメール版ダイレクトメール(スパムメール)の傾向として、件名の頭にアニメーションGIFが入っているの

記事を読む

ワードプレス

WordPressオプションサービス開始

そう言えば、ショップサーブに「定期購入のシステムがあったな?」と管理画面に入ったところ、「WordP

記事を読む

no image

youtuberを意識して喋ってみたけどダメだった

ブログ書いたりHTMLページの編集をしたり、面倒くさくなるんですよ。 「しゃべるだけで済めば楽

記事を読む

ポイントはポイント

ポイントの有効期限は長いほうが良いか短いほうが良いか

某サイトからメールがきて、「まもなく失効するポイントがあります。」とのこと。見ると500ポイントが4

記事を読む

WEB関係の職種

通販サイトの制作関連の職業について

例えば、「イタリアン・レストランを作る、経営する」という場合、関わる職業はかなり多いです。お店を作る

記事を読む

コンバーター

楽天・yahoo shopping・ショップサーブコンバーター

コンバーターとは変換器のこと。例えば、「楽天からヤフーに引っ越ししたい」という場合、トラックに荷物を

記事を読む

領収書PDF

領収書はPDFファイルでダウンロードしてもらう

楽天で日用品をお買い物。カートの最後のステップで領収書を希望に(○)をしたら、後日「PDFでダウンロ

記事を読む

クーポンで販促

ショップサーブのクーポンで販促!設定方法

クーポンとは簡単に言えば割引券。ネットショップにとってクーポンは便利な機能です。ほとんどが自動化して

記事を読む

小学生も稼いでいる

小学生、中学生、高校生もネットで稼ぐ時代

「youtubeの閲覧ユーザーは小学生が多い。」とはよく聞きますが。さらに、youtubeに動画

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そん

ネットショップ講座名古屋
ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」

現状維持
恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食

心理学
ネットショップ運営は心理学だ!?

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセー

ココナラ
副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑