*

ネット仕入れのネッシーにイイネ!

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップの仕入れ

ネッシーにはサプライヤー(卸)としても参加していますが、仕入れも利用します。お客さんから「これを仕入れて欲しい」と言われた時、関連する商材なら取引中の問屋やメーカーに聞いたりしますが、まったく関係のない業界の時はネッシー検索。以前とは比較にならないくらい参加企業も増えてきて、ほぼ希望の商材が見つかります。

そこで取リあえず仕入れるわけですが、掛け率がさほどよくないんですよね~。マッチングサイト上での話なので仕方ないですが。でも、その後が大事です。ネット上では100点くらいしか扱ってそうにないメーカーも、実は、メーカーのホームページを見ると、100点どころか1000点も2000点もの商品を扱っていることを知ります。

そりゃ、2000点もの商品をネットに掲載しようと思えば、相当な時間がかかりますからね。普通はやりません。かと言って、コストをかけてアウトソーシングしたところでペイできるかわからないので、なかなか踏み切れるものでもありません。「とりあえずこれだけ出品」というメーカーも多いのでしょう。

ネッシーに出品している商品は、それを取り扱うメーカーの一部の商品であることがあります。ネッシーを通じて仕入れることで、今まで氷山の一角しか見えてなかったのが、海面下のこと(取り扱い全商品)まで見えてしまうわけです。「仕入れをする」というアクションを起こさない人は、永遠にこの氷山の一角だけを見ていることになります。

勘の良い人はもうわかりますよね?(笑)オブラートに包みますが(遠回しな表現をしますが)、「実際」に仕入れをしてみると、ネット上には載ってないリアルな情報が得られるわけです。その情報をどのように使おうとあなたの自由!ということです。これ以上の具体的な話は厳しいですね・・・

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

女性自信を持って

女性はもっと自信を持ってみては?

総合職(管理職など出世あり、転勤もありうるコース)とか一般職(出世はないけど転勤などはない)とか、大

記事を読む

仕入れキーワード

仕入先を見つける決定打的キーワード

新しい雑貨を仕入れたくて雑貨屋をうろついて、「これは!」というモノを発見。ただ、店内にお客さんは少な

記事を読む

消化仕入れ

メーカーに 在庫借りて販売(消化仕入れ・委託販売)

そうなんです。 「メーカーに在庫を借りて販売。売れた時点で仕入れ。」 これが、物販で

記事を読む

メールの書き方

メールがちゃんと書けると仕入れは成功する?

「卸してますか?」って。 ひとことメールが来ました。 ん~~~・・・おそらく、悪い人では

記事を読む

no image

海外から商品を仕入れるにはどうすれば良い?

海外から商品を仕入れる方法は、大きく分けると2つ。 1つは、日本に居ながらにしてネットを使い仕

記事を読む

no image

在庫を切らさないようにするには?

言い換えると「欠品を起こさない方法」。「在庫があったら売れるたのに・・・」という「売り逃し」のことを

記事を読む

仕入れ難易度

仕入れを難易度で3段階に分けてみた

一番簡単な仕入れはネット仕入れですね。メールアドレスを登録すれば、個人でも仕入れられるやつ。ま、これ

記事を読む

no image

あらためてネットショップのメリット7つとデメリット

2016年、ネットが普及し始めて20年以上です。ほぼ20年以上ネット販売をしているってのも変な感じも

記事を読む

価格改定

メーカーから価格改定(値上げ)のお願いが来たら

物価の上昇だの円安だの、現地工場の人件費の高騰だの理由で、メーカーから価格改定のお願いのFAXが届く

記事を読む

Tシャツ

Tシャツ作成代と送料が無料になる楽しい企画がスタート

BASE株式会社(東京都)が、楽しい企画を始めた模様。 Tシャツ作成アプリで作ったTシャツの原

記事を読む

Adsense

Adsense

栄枯盛衰
ネットショップも栄枯盛衰

オヤジ化してしまったのか、まれに人の話についていけないことがあります。

クーポン乱発で客単価UP
楽天アマゾンに学べ!クーポン乱発で客単価をアップさせよう

よほどのことがない限り使わない大好きな楽天お買い物中、ある異変に気

税理士
個人事業主が税理士使うと得する売上の分岐点は?

まもなく確定申告の時期ですね。「こんなに楽だったとは・・・そんなことな

副業で貸し会議室
副業で貸し会議室ビジネスがアツいらしいけど収益シミュレーションしてみた。

「副業で何か始めたいよなぁ~」と思っている人も多いようですが、ネッ

5つの真実
2018年ネットショップ起業5つの真実

新年ですから、やる気満々の人も多いでしょう。周りではネットではなくて実

→もっと見る

PAGE TOP ↑