*

ネット仕入れのネッシーにイイネ!

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップの仕入れ

ネッシーにはサプライヤー(卸)としても参加していますが、仕入れも利用します。お客さんから「これを仕入れて欲しい」と言われた時、関連する商材なら取引中の問屋やメーカーに聞いたりしますが、まったく関係のない業界の時はネッシー検索。以前とは比較にならないくらい参加企業も増えてきて、ほぼ希望の商材が見つかります。

そこで取リあえず仕入れるわけですが、掛け率がさほどよくないんですよね~。マッチングサイト上での話なので仕方ないですが。でも、その後が大事です。ネット上では100点くらいしか扱ってそうにないメーカーも、実は、メーカーのホームページを見ると、100点どころか1000点も2000点もの商品を扱っていることを知ります。

そりゃ、2000点もの商品をネットに掲載しようと思えば、相当な時間がかかりますからね。普通はやりません。かと言って、コストをかけてアウトソーシングしたところでペイできるかわからないので、なかなか踏み切れるものでもありません。「とりあえずこれだけ出品」というメーカーも多いのでしょう。

ネッシーに出品している商品は、それを取り扱うメーカーの一部の商品であることがあります。ネッシーを通じて仕入れることで、今まで氷山の一角しか見えてなかったのが、海面下のこと(取り扱い全商品)まで見えてしまうわけです。「仕入れをする」というアクションを起こさない人は、永遠にこの氷山の一角だけを見ていることになります。

勘の良い人はもうわかりますよね?(笑)オブラートに包みますが(遠回しな表現をしますが)、「実際」に仕入れをしてみると、ネット上には載ってないリアルな情報が得られるわけです。その情報をどのように使おうとあなたの自由!ということです。これ以上の具体的な話は厳しいですね・・・

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

リードタイムとは

仕入れ関連用語「リードタイム」とは

日本語で言うと納期。注文してから商品が届くまでの日数だったり日付だったり。デリバリーデイト(deli

記事を読む

no image

恒例になりつつある月末検索ワードをネタにしたライティング

netsea 評判 netsea(ネッシー)は、いわゆるBtoBサイトです。仕入れしたい個人事業や

記事を読む

no image

回転寿しレーンから寿司が消える(問屋の生きる道?)

16時頃に回転寿しチェーンに入ったところ、全く寿司が回っておらず、びっくりしました。うそです。びっく

記事を読む

no image

ショップ運営者はリアルでお勉強を

物販ショップを運営しているなら、定期的に実店舗店に足を運んでいろんな実物の商品を見たほうが良いですね

記事を読む

女性自信を持って

女性はもっと自信を持ってみては?

総合職(管理職など出世あり、転勤もありうるコース)とか一般職(出世はないけど転勤などはない)とか、大

記事を読む

DVD販売

dena仕入れ儲からない?

「dena 仕入れ 儲からない」というキーワードでご訪問。 「denaでの仕入れが全部儲からな

記事を読む

売れる商材

商材をネットショップに卸す方法

「売れる商材があるのだが、ネットショップを中心に卸をしたい」という場合。 これ、なかなか難しい

記事を読む

no image

扱いやすい商材、扱いにくい商材

いくつかの商材を取り扱ってきましたが、最も、扱いにくいと思ったのが賞味期限、消費期限があるものです。

記事を読む

消化仕入れ

メーカーに 在庫借りて販売(消化仕入れ・委託販売)

そうなんです。 「メーカーに在庫を借りて販売。売れた時点で仕入れ。」 これが、物販で

記事を読む

条件

注文が入るようになるお店の前提条件

今年ネットショップをオープンした人も、相変わらず多いですが、見ていると商品点数が数点だったり数十点だ

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑